彼女と行きたい花火大会5選

icatch

夏のデートといえば、花火大会!

女子はロマンティックな雰囲気が大好き。たくさんの花火が打ちあがり夏の夜を色とりどりに彩る花火大会は、彼女に喜んでもらえるうってつけの機会です。
気になる女性がいる方や付き合いはじめの彼女がいる方、人ごみの中ではぐれないように手を繋いだりなんかして花火をいればグッと距離が縮まること間違いなし。
もちろん、長く付きあっている彼女がいる方にもオススメです。2人で足を運べばステキな夏の思い出になること間違いなしでしょう。
全国的に人気の高い花火大会を5つ紹介します。

1.東京都・足立の花火


100年の歴史を持つ花火大会で、例年、東京では1番早くに開催される花火大会でもあります。
荒川に約1万3500初の花火が打ち上げる様はまさに圧巻で、スターマイン、小型煙火、ナイアガラなどが1時間に渡って披露されます。
新しい試みとして観客参加型の花火も行っており、例年オープニング曲のリクエストなどを前もって受け付けています。
河川敷が会場のため、土手の斜面等に座って観覧できるのも特徴です。西新井側の河川敷は広く、千住側よりもゆったりと花火を観賞できます。
裏ワザとしては屋形船から眺めるという手段も。交通規制もなく混雑もない水上は穴場です。

住所:東京都足立区 / 荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間) 
開催日時:毎年7月下旬
アクセス:JR・東京メトロ・東武鉄道・つくばエクスプレス【北千住駅】または東武鉄道【小菅駅】・【五反野駅】・【梅島駅】から徒歩15分

 

2.兵庫県神戸市・みなとこうべ海上花火大会


100万ドルの夜景とも称される神戸の夜景をバックに打ち上がる兵庫県下最大規模の花火大会です。
尺玉やスターマイン、仕掛け花火など総数1万発以上が打ちあがり、神戸港一帯がまばゆく照らしだされます。
兵庫埠頭やポートアイランドだけでなく、周辺のシティホテルの部屋からも綺麗に見えるので、彼女とロマンティックな夜を過ごすにはぴったりな花火大会なんです。
しかし、花火の見える部屋は例年人気で早めに予約しないとすぐに満室になってしまいます。

住所:兵庫県神戸市中央区 / 神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖海上) 
開催日時:毎年8月第1または第2土曜日
アクセス:JR三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸【三宮駅】から徒歩20分

 

3.岐阜県:全国選抜長良川中日花火大会


清流長良川の河原から約3万発もの花火が打ち上げられる、全国でも屈指の規模を誇る花火大会です。
昼の部と夜の部の2部構成となっており、朝9時からの昼の部は音を楽しむことをメインとするもので、7時15分からの夜の部は日本煙火芸術協会の特別作品銘品集、ワイドスターマイン、オリジナルスターマインなどが打ちあがります。
ちなみに8月の第1土曜日には長良川全国花火大会が行われ、こちらも打ち上げ総数は約3万発となっており、ひと夏に同じ場所で数万発規模の花火大会が2度行われる場所は全国でもここ長良川湖畔だけです。

住所:岐阜県岐阜市 / 長良川河畔(長良橋~金華橋間) 
開催日時:例年7月の最終土曜日
アクセス:名鉄岐阜駅・JR岐阜駅から花火会場行バス(片道おとな210円・こども110円)を運行 / 無料臨時駐車場から有料シャトルバス(片道おとな210円・こども110円)運行

 

4.仙台七夕花火祭


東北の夏を彩る風物詩。市街地で開催されるため、打ち上げられるのは最大4号(直径約12cm)までとなっていますが、それでも迫力のある花火を堪能できます。
例年担当している花火会社は、シドニーオリンピックの閉会式の世界五大陸花火でアジア代表を務めた会社「芳賀火工」なので、花火のレベルの高さは折り紙つき。
シティホテルの部屋から眺めることもできるので、彼女とロマンティックな夜を過ごすにはぴったりの花火大会です。

住所:宮城県仙台市青葉区 / 西公園付近一帯、広瀬川河川区域及び川内地区 
開催日時:例年8月5日
アクセス:地下鉄東西線 【大町西公園駅】より徒歩3分

 

5.関門海峡花火大会


本州と九州を隔てる関門海峡を挟み、福岡県北九州市と山口県下関市の合同で行われる花火大会です。
山口・福岡の県境を越えるだけでなく、日本で唯一海峡を越えて同一名称で合同開催される花火大会としても知られています。
九州側は大玉の連発や音楽花火、本州側は尺5寸の大玉打ち上げや水中花火など、競うように次々と打ち上げられる花火には彼女と一緒に感動してしまうことは確実。
当日は花火見物のための遊覧船の運航も行われるので、船の上から鑑賞することもできます。

住所:福岡県北九州市門司区 / 北九州市門司区西海岸周辺 
開催日時:例年8月13日
アクセス:九州側・JR【門司港駅】から徒歩5分 本州側・JR【下関駅】から徒歩15分
The following two tabs change content below.

白咲 りあ

元キャバ嬢で、現在は夜の世界からは足を洗い、OLしてます。 収入は減りましたが、職場の人とランチめぐりをしたり、アフター5はお友達と飲みに行ったりと、 普通の生活の幸せを満喫しています。早寝早起き最高ー! のんびり旅行するのが好きで、青春18きっぷで都内から九州まで行ったこともあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る