デートのお会計時にやってはいけない行動

299

金銭がらみの問題は、時に男女の仲さえも壊しにかかります。
デートでのお会計は非常に難しい問題で、奢ればいい、割り勘にすればいいというわけではありません。
相手の考え方に左右されるためこれといった正解はなく、相手によっては印象を損ねてしまう危険性があります。
せっかくのデートを会計で台無しにしてしまうのは非常にもったいないです。
この記事では、よく声があがるNGを紹介しています。
自分がやってしまっていないか、確認してみてください。

毎回奢るのは危険です

最初は見栄をはってデート費用を全部持った男性も、それが毎回となるとさすがにお財布的にも精神的にも辛いはずです。
理解ある女性なら好意に甘えるのははじめだけにしてくれるかもしれませんが、世の中には真逆の女性も存在します。
デート代は全額男性持ち、という恐ろしい考えをもつ人は少なからずいます。
それを見極めるためにも途中から割り勘を切り出すことをオススメします。
まともな女性ならそれに応じますし、運がいいと今度は相手が奢ってくれます。
そういう対等な関係が築ける女性であれば、この先も安心です。

女性が奢ると言っても断固拒否する

特別フェミニストでなくとも、男性側のほうが出す機会が多いかと思います。
しかし、毎回それが続くとは限りません。女性が奢ってくれる時だってあります。
けれども女性と違い、男性の立場だと奢ってもらうことに抵抗を覚えてしまいます。
気が引けてしまいつい断ってしまいがちですが、それでは女性の立場がなくなってしまいます。
時には引き下がり、お言葉に甘えることも円満な関係を築く秘訣のひとつです。
プライドを守りたいという男心があるのは分かりますが、相手の気持ちを汲んであげることも大事なことです。

お得なクーポン、でもデートではNG

何かとお金がかかるデートだから、少しでも出費を抑えたい気持ちが湧きあがるのは仕方のないことです。
お財布がピンチの時に助けてくれるクーポンは大変便利です。
クーポンを利用することはなんらおかしいことではないのですが、傍目にはお金に細かく、ケチな人間に見えてしまいます。
また、わざわざ印刷したクーポンを出していると用意周到すぎて引かれます。
女性目線で見ると少しの出費にも敏感な姿は大なり小なり気になる部分です。
かっこ悪いという見方もあるため、初デートの時は特に注意が必要です。
イメージを損なう可能性があるクーポンですが、やり方次第で真逆なイメージをもたせることもできます。
それが手持ち金が足りなかった時で、この時に出すのであれば自然ですし彼女に出させる必要もありません。
かえってスマートに見せることができるため、好印象を与えます。
使いようによってイメージはだいぶ異なってくるため、時と場合を意識して活用しましょう。

The following two tabs change content below.

太郎

1994年生まれの女子大生。現在就活中です。 一時期風俗で働いていたことがあるので、他の記事に交じってそれ関連の話もちょっぴりだけ書きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る