アイデアいっぱい! 輪ゴムの活用法

wagomu1

どこの家庭にもどこかにある輪ゴム。お母さんの手首に常にはまっている輪ゴムはちょっとした物を束ねたり、袋の口をとめておいたりといろんな場面で活躍してくれています。しかし、無料でもらえることが多いため、気がつくと大量にあったりしますよね。自分で買うことはないのになぜかたまっていく輪ゴムの活用法を紹介します。

あかないビンも輪ゴムでラクラク!

wagomu2
なかなか開かないビンがあるときには輪ゴムを2、3重に巻いてから開けてみましょう。滑り止め効果が働いて開きやすくなります。
また、輪ゴムはアリよけの効果もあるので砂糖やはちみつ、油の容器に巻いておくとアリが寄りついてきません。

バイブ音の軽減、滑り止めにも

静かな場所ではスマホのバイブ音も気になってしまうものです。スマホの上下に2本ほど巻きつけておけば振動を軽減できます。
電源アダプターにも巻きつけておくと落下防止にもなりますね。

ハンガーのずり落ち防止にも

キャミソールやランニングシャツなどハンガーにかけると、スルリと落ちイライラ……、でも洗濯バサミで止めるとあとがついて嫌だ……、そんなときにも輪ゴムは大活躍。ハンガーの両脇に巻いておけば、お洗濯も快適になります。

自動扉?

簡易的な小物入れなどの内側の扉と壁面につなげれば伸縮性を活かした簡易自動扉に! ふたの閉め忘れも防げそうですね。

リンゴの変色も防ぐ!

wagomu3
リンゴを切るとそのうちに表面が茶色くなってしまいますよね。リンゴを切ったらそのまま元の形に戻して輪ゴムで止めておけば
空気に触れないので茶色くなるのを防げます。

スプーンの水没も防ぐ!

深いお皿にスプーンを立てかけておくと手を放した瞬間に水没……。
地味にショックな出来事も、スプーンに輪ゴムを巻いて予防ができます。

ホックが閉まらない…!

そんなときにも輪ゴムの出番です。ボタンやホックにひっかけてボタンホールに通しそのまま、
またボタンに止めれば応急処置に使えそうですね。

可愛くなきゃいやだ…!

素朴な見た目のためにチープに見えがちの輪ゴムですが、かわいいデザインの物も市販されています。
しかし、それではまた輪ゴムが増えてしまう…そんなときは100均のマスキングテープでアレンジしてみましょう。
箱やビンにマスキングテープの粘着面を上に1周して固定し中心に輪ゴムを巻きます。
さらに上からテープを同じ長さで貼り付けていくと「簡易シュシュ」の出来上がりです。これならアクセサリーやラッピングにも使えそうですね。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る