すぐに自作できる!疲労回復グッズ

hiroukaihuku

巷にはさまざまな疲労回復グッズが売られていますが、実はかんたんに自作できるものもあるんです。

「首肩用カイロ」は、あずきの蒸気が超気持ちいい

azunyan
首の後ろを温めると血行がよくなって疲れに効くことは、科学的にも実証されています。
タオルに250グラム程度のあずきを包み、こぼれないようにタオルを縫います。家で使うものなので雑に縫って大丈夫です。
完成したら電子レンジで30秒~1分ほど温めて首に巻いてみましょう。
あずきの粒が身体のラインになじむのでどの部分にも心地よく使うことができ、適度な重みも気持ちいいんです。

「塩枕」の効能は見逃せない

siodayo
塩を袋に入れて冷凍庫で冷やし、夜眠るとき、普段使っている枕の上に置くだけです。
塩には熱を取る効果があり、頭部を冷やすと肩こりが軽減します。
血行も良くなるので、代謝の良い身体になり、疲労回復の他、肥満防止、美肌効果も期待できるのだとか。
もちろん冷やして何度でも使えるので経済的です。夏の寝苦しさも一網打尽です。

「靴下にテニスボール」、驚くほど効くと話題

tenisuboru
作り方は簡単で、靴下にテニスボールを3~4つ入れて結ぶだけ。
仰向けになって、肩の下や腰の下など、自分でこっていると思う部分に当てます。
痛気持ちいいくらいの強さまで、ゆっくりと体重をかけてください。
床に置いてボールの上に立ってみても足の裏が刺激され気持ち良いですよ。

気になったグッズがあれば、ぜひ試してみてください

zehi
このように、自分で作れる疲労回復グッズもありますよ。
市販されているものを使うだけでなく、たまには自作してみませんか。

The following two tabs change content below.

白咲 りあ

元キャバ嬢で、現在は夜の世界からは足を洗い、OLしてます。 収入は減りましたが、職場の人とランチめぐりをしたり、アフター5はお友達と飲みに行ったりと、 普通の生活の幸せを満喫しています。早寝早起き最高ー! のんびり旅行するのが好きで、青春18きっぷで都内から九州まで行ったこともあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る