暑い時期に早く髪を乾かし、美しい髪を手に入れよう!

KAMI1

たくさん汗をかいてお風呂でサッパリしたと思っても、汗だくになって髪を乾かしている人はいませんか?特に髪の長い人はこの時期「乾かすの面倒だなぁ」と思っているのではないでしょうか。しかし、生乾きのまま放置していると雑菌がわき、悪臭のもとになっていきます。さらにそのまま寝てしまうと布との摩擦でキューティクルが失われてしまうため、パサパサの髪になってしまいます。
暑い時期はサッと髪を乾かし、快適なお風呂上がりでリラックスしてみませんか?

タオルで拭く前になるべく水を切ろう

KAMI2

髪が長いと乾かすのも一苦労です。タオルで拭く前に少しでも水分を取りましょう。
髪の根元から毛先に向かってギュッと絞りながら移動させていきます。このとき、髪をねじったりすると傷んでしまう原因になるので注意してください。また、毛先を持って上下左右に振ってみるとさらに水滴が落ちていきます。手ぐしで根元から水を切るようにするのもいいですね。

タオルで拭くときには

KAMI3

髪同士をこすりあわさないようにポンポンと軽く叩くように拭いていきます。クシでとかしながらタオルで水分を取っていきます。
タオルが湿ってきたら、乾いたものに取り換えましょう。濡れたタオルではなかなか髪は乾きません。
さらに仕上げに1、2枚ティッシュやキッチンペーパーで髪を押さえれば完璧です。

乾かすときには

ドライヤーの熱から髪を守るためにもヘアクリームは必須です。

特に傷みやすい毛先を中心に塗っていきましょう。そして、乾いたタオルを頭からかぶります。その上からドライヤーで乾かしていきます。
「直に温風を当てなければ乾かないのでは?」と思うかもしれませんが、覆ったタオルがサウナ状態を作ってくれるため、濡れた髪の水分をタオルが吸収してくれます。タオルの湿気も温風が飛ばしてくれるので、いつもの2倍は早く乾くのではないでしょうか。髪が8割ほど乾いてきたらタオルを取り「冷風」に切り替えて乾かしていきましょう。熱で開いたキューティクルを閉じさせ、髪につやを与えてくれます。仕上げにもう一度ヘアクリームを薄く付ければ完了です。髪を乾かすときには地肌を中心に、温風で乾かしすぎないよう注意しましょう。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る