いやな蚊を寄せ付けないポイント

KA3

夏のカユイ季節、音を聞くだけでもわずらわしい蚊の存在に、イライラしている人も多いでしょう。でもなぜか一緒にいるのに蚊に刺されにくい人っていますよね。刺されやすい人の特徴と対策を紹介します。

なんで血を吸うの?

蚊は普段は花の蜜、果物の果汁を吸って生きているのですが、夏の産卵時期になると栄養が豊富な血液をメスだけ探し求めます。血液を吸いやすく、刺激を少なくするために蚊は唾液を注入して血を吸います。蚊の唾液がかゆみの元なんですね。

刺されやすいのはこんな人

・体温が高い人  ・汗をかいている人  ・アルコールを飲んでいる人 ・黒い色 

蚊は高い温度のほうによっていく習性があるために、普通より体温の高い筋肉質な人や子供によっていくようです。また、二酸化炭素、汗、アルコールのにおいに反応するので、運動した後は特に注意が必要です。暗い色によっていくのも、蚊の眼は白黒でしか見えてないといわれており、反射してしまう白より黒のほうによっていくのだそうです。また、妊婦さんも妊娠前より血流が増え呼吸数が上がっていくので刺されやすいです。

刺されたときの対処法

KA1

薬を塗れればそれが一番ですが、薬がない時には「刺された個所を石鹸で洗ってみる」と効果的です。その他にも「水や氷で冷やす」「バンソウコウをはる」などがあり、「塩を刷り込む」「バナナの皮をこすりつける」というものもあります。手元に何にもない!という時には昔からの定番、痛みでかゆみを忘れる「爪で×印をつける」という人も多いですね。

刺されないようにするには

KA2

かゆいのもあとが残るのもいやだ、そんな人は予防が重要です。虫よけスプレー、長そで長ズボンを着用するほかにも、家ですぐできる方法として「TVをつける」というのがあります。蚊は温度の高い方に寄ってきますので、電気機器が発する温度の方によっていくんです。また、扇風機を強めにかけておくと風力で蚊は近寄れなくなってしまいます。また、蚊の嫌いなにおい「ミントのガムをかむ」ことでも効果を発揮します。ミントが嫌いな人は牛乳でも効果がありますよ。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る