ペットの熱中症予防のポイント

INUTONEKO

暑い季節になってくると熱中症の予防に気を配りますが、ペットの熱中症予防には気を配っているでしょうか。
動物は汗をかく部分が少ないために体温調節が難しくなっています。暑い日にグッタリしてしまうのは動物も同じです。
大切な家族を暑さから守るためにも熱中症対策のポイントを紹介します。

熱中症の症状

NEKO

・ぐったりしている  ・息がいつもより荒い  ・目や口の中が充血している ・嘔吐や下痢をしている

などがあげられます。犬と比べ、もともと砂漠に住んでいた猫は比較的厚さには強いのですが、油断は禁物です。
特に外に出られない室内犬、猫は暑さから逃げることができないので、特に気を配ってあげましょう。
中でも鼻がつぶれたような品種、パグ、シーズー、ペルシャ、ヒマラヤンなどは暑さに弱いです。

室内の熱中症対策

エアコンで常に温度管理ができれば言うことないのですが、電気代が心配、ペットのいる部屋にはエアコンがないという家庭もあるでしょう。そんな時には遮光カーテンで熱を遮断したり、冷感マット、タイルを引いてあげる、凍らしたペットボトルの水を置いてあげる、換気扇をつけて空気の流れを作るなど工夫してみましょう。また、猫は犬よりも水分補給しようという意識が低いです。自分のいる場所近くに水がないと飲もうとしないそうなので、部屋の2,3か所に水を置いてあげるといいですよ。

水分補給で気をつけること

INU

エサと一緒に水を置いていないでしょうか。近くにエサを置くことで食べこぼしやゴミが水に入り、清潔ではありません。
猫のようなきれい好きな動物は、その性格からエサ近くの水は飲まない習性があります。
そのためエサと水は放して置くようにします。特に動きのある循環給水機を使うようにすると清潔さを保て、効果的です。

それでも熱中症になってしまったら

NEKOINU

とにかく冷やしてあげることが重要です。体に水をかけてうちわ、扇風機を使って風を送ってあげましょう。
気化熱で早く温度が下がります。このとき氷は直接体に当てないようにしましょう。温度差がありすぎるので、血管が収縮し体温の調節が難しくなってしまいます。
元気が出てきたときには水分補給として2,3倍に薄めたスポーツドリンクを与えてください。
また内臓にダメージを負っている場合もありますので、必ず病院で診察を受けるようにしてください。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る