ビジネスにおいて大切な【報・連・相】の適切な使い方

multitasking

ビジネスマンにとってコミュニケーションの基本中の基本が報告・連絡・相談です。
報連相を徹底することでチーム内での仕事は円滑に進み、リスクマネジメントにもつながります。
しかし自分で考えればわかること、相手にとって必要ないことを伝えることは時間の無駄になります。
この記事ではビジネスにおいて適切な【報・連・相】の使い方を紹介します。

自分の中で整理をしてから、簡潔に【報告】を行いましょう。

報告において大切なのは現状と理想、そしてそのギャップを簡潔にまとめて話すことです。
そのとき抱いた感情は重要な情報ではありません。途中で他の話題が織り込まれるのも本質が見失われてしまいます。
1つの事項について現状と掲げている理想・目標、その差はどれだけあってどうやって埋めていくのかをまとめて話しましょう。
ミスを最小限に留める為にも報告は細かく行い、必要があれば上司に意見を求めましょう。

もっともおざなりにされがちな【連絡】は、相手にとって大切な情報かもしれません。

連絡の内容は、自分にとっては重要ではない情報の場合があります。
しかし相手にとっては伝えてもらわなければ困る大切な要件なことが多く、伝え方を誤ると人間関係に悪影響を及ぼします。
だれから誰への連絡で、急を要する内容なのかなどを踏まえて適切な手段で行いましょう。
よくある例は電話応答です。しっかりとメモをとりながら、要件をまとめて伝える準備をします。
正確に内容を把握してから連絡をすることで、お互い意思の疎通を図ることができるでしょう。

仕事ができる社会人は【相談】が上手です。

仕事において悩み事は必ず出てきます。一人で抱え込まずに相談することで、解決の糸口を見つけることができます。
その中で行ってはいけないのは、完全に解決策を丸投げにすることです。
自分で努力してもどうにもならないことであれば、相談することで上司や同僚も力を貸してくれます。
しかしどうすればよいのかと漠然とした質問をされると、自分で考えてくれと一蹴したい気持ちになります。
躓いていることに対して自分なりの選択肢と予想される答えをもとに、どのようにしたいのかを伝える努力が必要です。

コミュニケーションは会社をうまく運営する為の潤滑剤です。

会社では相手に尊敬と敬意を示しながら、適度にコミュニケーションを図りましょう。
チームで仕事を行っていることを前提に考えることで、すべての仕事が驚くほどスムーズに進みますよ

The following two tabs change content below.
みりん

みりん

基本は出不精だけど、大好きなご飯の為なら頑張れます! おいしいものを食べてのんびりできたら、それだけで世界は幸せだと思うずぼら女子。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る