ボルダリングでワクワクするシェイプアップ

boruboru

運動するなら楽しくシェイプアップしたい。そこで”ボルダリング”です。
日頃の運動不足を解消したい、体を鍛えたい。
そのために家の周りをランニングしたりスポーツジムに通う。

ハッキリ言って飽きます。
延々走り続けたり筋トレをしたりといった単純なトレーニングは、楽しさよりも先にしんどさが表に出てきて、そのうちやめて続きません。

もっとワクワクすることで、遊ぶように、いえいっそ遊びながら体を鍛えたい! これを叶えるのがボルタリングです。

楽しく鍛えられるボルダリングの魅力

ボルダリング施設では壁にあるカラフルな石(ホールドといいます)を登っていき、ゴールを目指していきます。
感覚的には公園にあるアスレチックで遊ぶようなものです。
子供の頃の遊ぶ楽しさを感じながら体を鍛えられますよ。

また、登るときに道具はほとんど使いません。(手につける滑り止めくらい)
ロープを使ったりもせず、身軽に自分で自由にコースを想定し、クリアしてきます。
この自由度の高さも魅力の一部ですね。家の周りを走るのとは楽しさが違います。

体をシェイプアップするためにボルダリングを始めたのに、そのうちボルダリングをすることが楽しくなって、いつの間にかシェイプアップに成功している、なんて逆転現象もあり得ます。

ボルダリングをするのに必要な物、持って行ったほうがいい物

ボルダリングを始めるにあたって必要な物は、動きやすい服くらいです。
滑り止め(チョークといいます)や専用シューズはレンタルできますが、服は貸してくれないので。

動きやすければ問題ないので、最初はTシャツなどでもいいですが、個人的には伸縮性のあるスポーツ用のウェアがおススメです。

様々な角度に手や足を動かすので伸び縮みしないと破けてしまいますし、ボルタリングに通う人たちは大体スポーツウェアを着ているので、場違いな感じにならないためにも、ウェアがあるほうがいいです。

いったいどれくらいなのか、ボルダリングの料金相場

ボルダリングを始めるにあたって、最もハードルが高いと感じたのがこの料金でした。
ボルダリングの料金自体は1,500~2,000円なのですが、初めて行く場合は施設への登録が必要です。

この初回登録料が1,000~2,000円ほどでして(無料も稀にあります)、
どうしても始めは4,000円ほどの出費になってしまいます。

そのまま続けるかどうかも分からないのに、4,000円もの出費があるというのは、ボルダリング挑戦へのハードルを上げているような気がしてなりません。

ですので、施設選びは慎重に。最初は参加せずに見学だけさせてもらって、雰囲気や設備を見て良さそうだと思った所を選びましょう。

ボルダリングは最初から力まないように

最後に、ボルダリングを始めるにあたって注意点を1つお話しを。

たまに最初から道具一式を揃え、月額会員にもなって始められる方がいるのですが、大体もったいないことになります。

というのも、ボルダリングはやっているうちに全身の筋肉を、それこそ日常では使わない筋肉も使うことになるので、1回ごとに体のあちこちに筋肉痛が起こります。
始める前は毎日通うつもりで意気揚々としていても、実際には週に1度行くので充分な場合が多いのです。

ですので、スタートするときは休日に遊びに行く感覚で行ってみて、体が慣れてきたらより本格的なボルダリングに入っていくイメージでいてください。

The following two tabs change content below.
吾郎バラン

吾郎バラン

仕事に疲れてきた社会人。 しかし仕事はせねばならず、どうやったらラクに楽しく生きていけるかを考え中。 ときに自分の経験を踏まえて、ビジネス系・日常の生活関連・雑学などの記事を書いていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る