健康のために知っておきたい!カフェインの作用と副作用

Caffe

コーヒーなどに含まれているカフェインは、日常生活で常に身近なものに含まれています。
カフェインにはネガティヴな印象を持つ方が多くみられますが、これは副作用ばかりが注目されているからです。
もちろん間違った摂取方法では体に悪影響を及ぼしますが、正しく摂取するとカフェインは体にとって有効に働きます。
この記事ではカフェインと上手に付き合っていく方法を紹介していきます。

そもそもカフェインってどんなもの?

カフェインとはアルカロイドという有機化合物の一種で、コーヒーやココア、コーラ、緑茶などに含まれている成分です。

目覚まし以外にも!カフェインのうれしい作用


仕事の合間に眠気が襲ってきたとき、コーヒーやエナジードリンクを飲む人は多いですよね。
それはカフェインの覚醒作用を期待しての行動だと思います。
ほかにも鎮痛作用や運動能力を向上させる効果、脂肪燃焼効果など嬉しいポイントが目白押しです。
基本的には摂取から約30分後に、4~5時間効果を発揮すると言われています。
そこでオススメの摂取時間はランチタイムです。食後の眠気を抑え、午後からの作業効率がアップするでしょう。
8時間程で効果が切れていきますので、家に帰るとスムーズに眠ることができますよ。

摂取のし過ぎは気を付けて!カフェインの副作用


カフェインの大量摂取は中毒症状の可能性があります。骨を弱くし、ひどい場合には命を落とすケースも見られます。
コーヒーを普通に飲むくらいでは副作用の心配はありませんが、エナジードリンクは含有量が多いので気を付けましょう!

正しくカフェインを理解して、上手に付き合っていきましょう!

摂取の際のポイントは適切なタイミングと適切な量にあります。上手く生活に取り入れて、その恩恵にあずかりましょう!

The following two tabs change content below.
みりん

みりん

基本は出不精だけど、大好きなご飯の為なら頑張れます! おいしいものを食べてのんびりできたら、それだけで世界は幸せだと思うずぼら女子。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る