社会人に役立つちょっとした礼儀マナー

304

社会人になると友達と付き合うときとは違うコミュニケーション能力が必要になります。些細な言動でもマナーを心得ていると相手からは好印象にうつります。
ちょっとした心遣いで好印象になる、他人と大きく差をつけるマナーを紹介します。

ちょっとした身だしなみのマナー

社会人となりスーツを着る機会も多い中、上着のボタンをしめていない人がわりといます。
中にベストを着ている場合は開けていても大丈夫なのですが、なるべくボタンをしめて誠実な印象を与えるようにしましょう。
ただし、1番下のボタンは外しておくのがマナーです。座った時のシルエットが美しい、シワができるのを防ぐことができるのが理由です。

先方のお誘いを断る時のマナー

上司や取引先からお誘いを受けた時には基本断らない姿勢が大切です。
しかし、やむを得ず断らなければいけない時には「できません」や「無理です」とはっきり伝えることはしないようにしましょう。
取りつく島もないようなはっきりとした断り方は拒絶感が強く、印象も良いものではありません。
断る時には電話であっても必ず頭を下げるようにしましょう。そしてなによりもまず、誘ってくれたことにお礼を言うことが大切です。
無理だとはっきり伝えるのではなく「難しいようです」など言葉を柔らかくして伝えると、相手も不快な印象を残すことなく次回につなげられるでしょう。

社会人の喫煙のマナー

禁煙の傾向が強い現代ですが、会社でたばこを吸うときのマナーも身につけておきたいものです。
喫煙コーナーで吸うことはもちろんですが、上司や目上の人の前には立たない、座らないようにしましょう。やはり喫煙家でも他人の煙が体にかかるのは不快なものです。
煙を吐く時には手で口を覆うように、煙草を覆うように勢いよく吐かないようにしましょう。

ちょっとした飲み会のマナー

上司や取引先の人と飲みに行くということもあると思います。その時には先頭切って歩いて行くことはしないようにしましょう。
上司を立てて後をついて歩いてください。お店に現地集合の時にも当然、遅刻は厳禁ですが、早く着いてしまったからといって先に中に入ってはいけません。
必ずお店の前で皆が揃うのを待ちましょう。
座る席は注文がしやすく動きやすい出入り口付近の下座に自分が座るようにしましょう。序列の高い人から奥に座ってもらうのを忘れないでください。

ちょっとしたお酌のマナー

ジョッキならまだしも瓶ビールや日本酒の時にはお酌は忘れないようにしましょう。
瓶ビールの場合は右手で持って左手を添えます。ビンのラベルが上に見えるようにするといいですね。
日本酒のお銚子は片手でお酌しましょう。ただし、女性は両手を添えた方が上品にうつります。
お酌を断られた場合も、もう一度勧めるようにしましょう。2度断ってきた時には本当に必要がないとみて大丈夫です。「他の物はどうですか」と気遣えるといいですね。
自分がお酌してもらう時にはなるべく全て飲み干してから注いでもらうようにしましょう。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る