一人暮らしの人はチェック!光熱費が上がってしまう理由

293

一人暮らしをするなら、光熱費に気を付けよう

電気や水道、ガスなど、生活をしていくうえで必要になる光熱費。その額は1か月約1万円ほどといわれています。
家賃を抜けば、家計に占める割合が多く、節水や節電など工夫をしている方も多いでしょう。
住んでいる部屋の大きさや、家で過ごす時間、自炊の有無などで変わってきますが、できるだけ平均以下に収めたいものです。
今回は一人暮らしの光熱費の節約術をご紹介します。

そもそも、なぜ光熱費が上がるのか

1年を通して、光熱費が上がる時期は必ずやってきます。
特に一番上がる時期が、真夏と真冬です。理由は言わずもがなですが、冷暖房が高くつきます。
他にも、夏場は汗でベトベトするのでシャワーを浴びる回数が増えたり、寝汗を流すために朝風呂に入る人もいるでしょう。
過ごしづらい季節は、どうしても電気代が上がってしまいます。
実は、光熱費は電気やガスなどの使用量が増えるにともなって単価が上がっていくからです。

実は安くなるオール電化

冬場に光熱費が上がってしまうのならば、できるだけ電化製品のみで生活することをお勧めします。
ガス代は冬になると単価が上がり、光熱費の多くを占めることもあります。
暖房などでガスを使っている方は、できるだけエアコンなどの電化製品で賄うのがお勧めです。
電気代も冬場になると上がりますが、ガス代に比べると左程問題ではありません。
そのため、冬場はどれだけガスの使用量を抑えれるか、が節約のポイントとなります。

エアコンは24時間付けっぱなしが節電になる!?

エアコンはつけている時間が長いと電気代がかかると思われがちで、こまめに消す人が多いですが実は逆効果って知っていましたか?
実は、部屋を暖めたり冷やしたり、そのスタートダッシュが一番電力を食っているのです。
そのため、1日1回はエアコンを使うような人は、いっそのこと24時間かけっぱなしにした方がお得なのです。
来客時など、たまにしかエアコンを使わないという人はそれでいいかもしれませんが、使用頻度が高い人は検討しましょう。

待機電力を減らして電気代節約

“待機電力”をご存知でしょうか。これは、コンセントを挿しっぱなしにした時に消費される電力のことです。
実はこの待機電力、毎月の電気代の10%を占めるともいわれるほど大きなもの。
これは、ちょっとした心がけをするだけで簡単に電気代を節約することができます。
使っていないコンセントは積極的に抜いたり、コンセントタップを利用することで電力の消費を抑えられます。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る