厳しい夏も乗り越えよう!これが最近の暑さ対策グッズだ

292

地球温暖化の影響なのか、近年はまだ夏にならないうちから驚くほどの暑さが記録されるようになりましたね。
寝ていても寝苦しくて夜中に目を覚ましたり、朝起きたら汗で気持ち悪くて、仕事とはいえ外に出たくなくて、暑さがおはようからおやすみまで付きまとうので、何一つ嬉しくありません。最近会社に遅刻したのもきっと暑さのせい。
ですので今回は、夏の暑さを吹き飛ばしてくれる”ひんやりアイテム”をいくつかご紹介したいと思います。

アセパットでクールな社会人を

外回りや会社までの通勤距離が長い方にオススメのアイテムがこちら。
襟の内側や脇などから出る汗を吸収し、サラサラ肌の爽やかサラリーマンになれます。

また、汗が服に染み込まないので防臭効果も期待できます。
ひんやり効果のあるシーツや抱きまくらで夏の寝付けない夜にさよなら
寝ているときに暑さで起きてしまう方は、これらの冷感アイテムに囲まれてみてください。

普通の寝具と違って冷たく感じる生地でできており、程よいひんやり加減が心地よい眠りへと誘ってくれます。
これらの寝具が冷たく感じるのは、素材が熱を吸収しやすい性質だから。
触れると、肌の熱を吸収してくれるので、私たちは冷たいと感じるのです。
ちなみに中材に塩を使った物もありますが、そちらでも冷感効果が得られます。

決め手はメントール! ハッカ油で涼しく過ごす

制汗剤は知名度が高いのですが、ハッカ油はあまり知られていないと思ったのでご紹介します。
使用方法は簡単。着ていく服に振り掛けておいたり、お風呂に数滴入れたりするだけでOKです。
それだけで、驚くほど涼しさを感じることができます。

これはハッカ、つまりミントの中に含まれるメントールが効果を発揮しているからです。
ミントチョコやミントアイスなどを食べたとき、口の中がスースー涼しく感じますよね。

メントールは皮膚に触れると、その部分は冷たく感じる性質があります。ミントを食べた時にスースーするのはそのせいです。
ただし、このミントの精油を抽出したハッカ油は少量でもかなりの効果を発揮します。
しかし、もし使用量を間違えた場合は、季節が夏から冬へ変わるので、絶対に分量を間違えないようにしてください。

普段の音楽を変えてみるといいかも「聴くだけで涼しく感じる音楽」

最後に、アイテムではありませんが聴くだけで涼しくなる音楽をご紹介します。
こちらはなんと、女性向け下着メーカーであるトリンプで作られたもの。
ずっと涼やかな下着からインスピレーションを受けて開発したそうです。

実際の音楽は思ったよりもハイテンポで、賑やかなものでした。
ゆったりと流れる音楽かと想像していたので、予想外でビックリです。
どうして涼しく感じるのか不思議ですが
“自律神経のバランスを整える自然音と、ここちよい涼しさの記憶に働きかける音。この両方の働きが涼しさを感じるヒミツです。”とトリンプの公式ページにて語られています。
なるほど、きちんと科学理論に則って作成されていたのですね。
外を歩くときや本を読むときに利用できそうです。

以上、夏を涼しくするアイテムの紹介でした。

The following two tabs change content below.
吾郎バラン

吾郎バラン

仕事に疲れてきた社会人。 しかし仕事はせねばならず、どうやったらラクに楽しく生きていけるかを考え中。 ときに自分の経験を踏まえて、ビジネス系・日常の生活関連・雑学などの記事を書いていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る