自炊している人はいったいいくら節約できる?

289

一人暮らしの食費ってどのくらい?

お金が色々かかる一人暮らし。家賃や光熱費など生活するうえで、一番切り詰められるのは食費ではないでしょうか。
男女によって多少の差はありますが、一人暮らしでの食費の理想額は3万円だといいます。
1か月が30日として、1日にかけられる食費は1,000円程度という計算になります。

1人だと自炊でも安くならない?

2人暮らしであれば自炊の方が断然安いですが、一人暮らしの自炊は安いならないという噂を聞きます。
また、自炊をしているからといって毎食豪華な食事を作っていては、食費は安くはなりません。
しかし、一人暮らしをするうえでの自炊方法を知っていれば格段に安く抑えることができます。
例えば、「お米」。朝ごはん、お弁当用に一緒に炊いたり、おかずは多く作って冷凍保存をするなどです。
代表的な一人暮らしの食事といえば、カレーですよね。カレーを多く作って何日か続けて食べるのも節約になります。
その他にも、休日のお昼はそうめんや蕎麦、うどんなどの麺類。特に乾麺は安価で保存も可能なので、これらも節約につながります。
そうめんはレシピも非常に豊富で、1束あたり30円もかかりません。薬味を入れても100円にもならない節約飯なのです。

自炊をしない場合の食事

料理が苦手で、自炊なんて絶対にしたくない、面倒臭いという人もいると思います。
そうなると、食事は基本出来合いのものを購入することになります。
そして、前述のように一人暮らしの理想の食費は約3万円で、1日の食費は1,000円程度。
1食1,000円ではなく、3食合わせて1,000円です。そうなると、1食にかけられるお金は333円ほどになります。
そしてコンビニ弁当の値段は300円~600円ほどで、うどんやパスタなどの麺類を購入しようとすると500円近くします。
激安スーパーなどでは値段はもう少し安く、夕方の見切り品を狙えばもう少し安く抑えることも可能です。
しかし、まともな食生活をしようとすると、どう足掻いても1日1,000円では厳しいのが現状です。
カップ麺や菓子パンなら1日1,000円に収まりますが、栄養面がボロボロなのは目に見えてわかります。
そのため、自炊なしだと食費は理想の3万円の、1.5倍~2倍はかかってしまいます。

うまく自炊すれば月の食費2万円以内だって可能

一人暮らしでも、うまく自炊をすれば、材料に拘っても月に2万でお釣りが出ます。
材料を腐らせないこと、おかずは多めに作って冷凍すること、適度に麺類などの手抜き飯を作ること。
この3つを意識すれば、食費2万円以下に余裕で抑えられるのです。
他にも、スーパーの夕方の見切り品で値引き品を買ったり、安い時にお米などのお金がかかるものを購入しておくといいでしょう。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る