快適な空間に!自分好みのお部屋の作り方

282

外から帰ってきてホッとできる自分の部屋は、自由を満喫できる“自分だけの空間”でもあります。
趣味の小物を飾ったり、好きな色で統一したりと、癒しとともに楽しさも広がります。
しかし、中には「なにかイメージが違う」と途中であきらめてしまう人もいるかもしれません。
どんなお部屋にしたいのか、テーマに合わせた部屋の作り方を紹介します。

シンプルな部屋で快適に!

必要最低限の家具で暮らし、極力物を置きたくないという人は多目的に使える家具がお勧めです。
ソファーやベッドは大きく場所を取る家具の筆頭です。少しでも部屋を広く使いたいという人は「ソファーベッド」で家具を減らしましょう。
また、鏡つきの収納棚もお勧めです。特にスリムサイズの本棚に全身の姿見が付いているとドレッサーを買う必要もなく、広いスペースを確保できるようになります。
家具をそろえる時にはなるべく収納が多いものを選ぶようにすると、外側から見えずシンプルな部屋を楽しめます。

北欧スタイルで癒されよう!

最近はやりの「北欧スタイル」は男女ともに人気が広がっています。北欧スタイルの特徴は「シンプル・ナチュラル」です。
木のぬくもりを感じる木質感を大事にした優しい色合いの「茶色」や「白」、「ベージュ」「グレー」などで部屋を統一していきます。
テーブルやソファーなどワンポイントでビビッドな明るい色を持ってくるのも北欧スタイルの特徴です。
あくまで「シンプル・ナチュラル」を基本としていますので、あまりゴチャゴチャ飾ることはせずスッキリとした印象に見せるのがポイントです。

アジアンスタイルでリゾート気分!

南国風にアレンジしたいのならば家具は麻やラタン、竹素材でできているものを選びましょう。ナチュラル素材でできているものを飾ればリゾート気分が一層高まります。
色は紫やえんじ色、ダークグリーンなど神秘的な色がぴったりです。ベッドに天蓋を付ければお姫様気分を満喫できますよ。
さらにヤシ系の観葉植物を置けばあなただけのリゾート空間の出来上がりです。

和室をイメージチェンジ!

お洒落にしたいけど和室だと何をしても無駄……と思っていませんか?
ラグをひいて畳を隠したり、壁にポスターを貼ったりと洋風にイメージチェンジすることは簡単ですが、和室でも現代風にアレンジできるハイセンスな小物がたくさん用意されています。
レトロに見えがちなふすまや障子は紙を変えてみましょう。今はガーリーなふすま紙や色つきの障子紙が豊富に揃っているので、レトロな印象も一新されるでしょう。
家具はロータイプのものを選び、丸みを帯びたデザインよりも直線的な角ばった家具の方が和室としっくり溶け込みます。和紙素材のランタンや猫グッズなどを飾ってみるのもオススメです。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る