夏の最大の天敵!夏バテの対策&解消方法

274

夏になると体はだるいし、食欲も落ちるので嫌だ。という人も多いと思います。夏バテといわれるこれらの症状は自律神経の乱れからくるもので、病気ではありません。
しかし、病気ではないからといって甘く見てはいけません。これから始まる長い夏を乗り切るための夏バテ解消法を紹介します。

夏バテでこんな症状が出たら要注意!

・だるさ
・食欲がない
・胃通
・めまい
・頭痛
・吐き気
・下痢
・便秘
・微熱
などがあげられます。
とくに下痢と吐き気は体力の低下とともに、食事がのどを通りにくくなってしまうため、夏バテの中でも厄介な症状となっています。

夏バテで食べるとよいもの

スタミナのある焼き肉やウナギを食べられれば良いのですが、胃腸が弱っている人や吐き気がある人はなかなか食欲がわきません。
吐き気がある時には、まずは水分補給をこまめにするようにしてください。水よりもミネラルや塩分を含んだスポーツドリンクの方が良いでしょう。
胃腸を刺激しないように常温で、ゆっくりと摂ってください。
頭痛がするという人は温かい飲み物で体を温めるようにしましょう。冷房で体が冷える人は上着やひざかけで調節することをお勧めします。
食事が摂れるようならあっさり食べられる「しゃぶしゃぶ」がオススメ。タレも柑橘系のアッサリしたものがいいでしょう。
また、食欲がなくても「カレー」なら食べられるという人も多いので、カレーの香りで食欲増進を図ってみるのもいいですね。
暑いからといって冷たいもので体を冷やさないように、食べ物は温かいものを摂るようにしましょう。

快眠で夏バテ解消!

失った体力を取り戻すにはやはり睡眠に勝るものはありません。しかし、クーラー、扇風機を一晩中つけていては体は体温を下げないためにフル活動してしまいます。
体を休めるためにはクーラー、扇風機はタイマーで2時間程度にしておきましょう。シーツの上にゴザをひいたり、竹シーツを使うことによって快適に眠ることができます。
また、入浴も快眠には欠かすことはできません。体は温まると眠たくなる構造になっていますので、シャワーではなく湯船に浸かって体の芯から温めるようにしましょう。
日中に適度に体を動かすことも快眠につながりますので、一駅歩いてみたり休み時間に外に出てみるなど体を動かすようにしてみましょう。

つらい夏バテに効くツボ

・湧泉
足の裏にある土踏まずから中心に少し上に上がった所にあるツボです。疲れやだるさを取ります。指やペンでちょっと痛い程度まで刺激しましょう。
・足三里
足の内側、膝から指4本分下にあるツボです。食欲不振に効果があります。
・三陰交
足の内側のくるぶしから指4本分上にあるツボです。冷え性に効果があり新陳代謝を活発にさせます。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る