実はやっているかもしれないSNSで嫌われる行動

259

知らないうちにSNSで嫌われる!?ネット上の付き合いの危険性

近年、TwitterやFacebookをはじめとする”SNS”を活用する人が増えてきました。
若い人だけだと思いきや、老若男女問わず、お店の人や芸能人などもSNSで情報を発信するようになっています。
SNSを使えば、友人と手軽に連絡を取り合えるだけでなく、遠く離れた友人の近況を知ることもできるので非常に便利です。
しかし、”自分で情報を発信するリスク”をきちんと考えないと、悪気がなくても人を不愉快にさせることがあるかもしれません。
根は凄く良い人でも、SNSでの言動がきっかけで嫌われてしまうこともあるそうです。

タイムラインを汚す発言は控える

フォローや友達追加をすると、その人の発言がタイムライン(ホーム)に流れてきます。
その時、マイナスな発言や愚痴などの不快な内容ばかりが流れてきたらどうでしょうか。
たまにこのような発言があれば、心配をしてくれると思いますが、あまりに頻度が高ければ鬱陶しく感じます。
言いたいことが一切言えないSNSもどうかと思いますが、この内容は不快にならないか、というのを考えて発言しましょう。

誰が見ているかわからない、ということを理解する

SNSが流通して問題になったことといえば、はしゃぎ過ぎてしまった若者の炎上ですよね。
「飲酒をした」と投稿し、学校側から割り出され通報されてしまった……というのはよく聞く話です。
他にも迷惑行為をしたことを自慢していたら、制服などから学校や住所を割り出されて家に嫌がらせを受けたり……など。
ネットが普及し始めた当初は、個人情報について口酸っぱく言われ、顔はおろかフルネームもネットに載せてはいませんでしたが、
現在では、ネットに名前や顔写真を載せて当たり前の時代になってきました。
学生さんは学校名をSNSに上げる人も多いですよね。
しかし、自分が誰であるかを公言している以上、自分の発言には責任をとらなければなりません。
こういった自分の首を絞める行為だけでなく、友人や知人の悪口にも気を付けなければなりません。
悪口を言いたいことは誰にでもありますが、誰でも閲覧可能なSNSに悪口を書き込むのは、モラルに欠けます。
もしかしたら当人が見ているかもしれない、当人に通じる人が見ているかもしれない、と考えてから書き込みをしましょう。
あとの事を考えてから発言し、自分の発言には責任を持ちましょう。

自分自分自分、とにかく自分の自慢や自分話ばかりする

SNSとは自分の情報を発信する場所ですから、自分の話をすることは何も悪くありません。
ですが、毎回自分の自慢話ばかりをしていると、聞いている方はうんざりしてきます。
何事もほどほどが大切です。交流するためのSNSが、自分の日記帳にならないように注意しましょう。
また、人の投稿に対しても自分の話を割り込んだりするのも感心しません。
人の投稿のコメント欄まで、自分の日記帳にならないように気を付けましょう。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る