予定がないときの家での過ごし方を考えてみた

231

毎週休みの日には特に予定がない人、または、たまたま予定が空いて何もすることがない人。ほんの少しいつもとは違う日常を体験してみませんか?
ですが、わざわざ家から出たり、のんびりと読書をしよう、というのではおもしろ味に欠けます。
そこで今回は、家でできる非日常体験を中心に、退屈な休日をちょっとおもしろくする方法をご紹介です。

方法① 家の中で化学実験をしてみる

最初にご紹介するのは家庭でできる化学実験です。
危険なものを使ったり、氷の結晶を作ったりする地味なもの以外であれば、メントスコーラを試してみてはどうでしょう。
どのようなものかはご存じの方が多いと思いますが、実際に体験した人はそれほど多くないのでは?
やり方は簡単です。買ってきたコーラなどの炭酸飲料にメントスを5~8個ほど投入するだけ。
これだけで火山の噴火のようにコーラが吹き出す壮大な光景を見られます。
ただし、いくつか注意点があります。
1つはお風呂場などの、広さがあり汚れても洗える場所で行うこと。本当にあとが大変です(経験済み)
2つめに、メントス投入後に容器を”密閉しない”ようにすること。膨張する力で容器が爆発四散します。大けがの可能性があるので、絶対にしないようにしてください。
3つめに、夜中にやらないこと。なかなかあることではありませんが、条件次第では吹き出したときの高さが2mから3mになるときがあります。
天井に当たってとてつもない音がするので、隣人の忍耐力を試す実験だけは絶対にやらないでください。
ちなみに、メントスを入れることによって炭酸飲料などが吹き出す反応をするのは「メントスガイザー」といいます。(ガイザーは間欠泉の意)かっこいい。

方法② 変な資格をとってみる

漢検や英検といった、誰もが知っているものではなく、「なんだこりゃ」と突っ込まれそうな資格があったので、それをとってみるのもいいかもしれません。

・日本の文化「箸検定」

正しい箸の持ち方や使い方を基本として、和食のマナーなどを学べる検定です。合格者は”箸ソムリエ”になれます(別名箸文化大使)。
ちなみに3段階のコースがあり、ベーシック→アドバンス→エキスパートの順にランクが上がっていきます。なぜここだけ英名なのでしょうか。

・目指せ最高のバーベキューマスター!「バーベキュー検定」

人はなぜバーベキューを求めるのか、そもそもバーベキューとは何か?
ここからスタートし、炭や火加減の知識、コミュニケーションスキルなどを身につけて”バーベキューマスター”を目指す検定です。
最高のバーベキューを目的に学ぶ、それがロード トゥ BBQマスターです。

・コーヒーインストラクター検定

コーヒーを飲むときに必要な知識に加えて、豆の種類や特徴、体に与える良い点や悪い点なども学べるので、コーヒー好きの方にオススメです。
趣味の範囲なら2級で十分ですが、もし1級や鑑定士の資格までとれたら職としても活かせます。

方法③ 普段なら絶対見ない映画を借りて見てみる

自分があまり見ないジャンルに触れてみるのもいいですし、普通の感覚ならパッケージ見て選ぶのをやめるようなものを、あえて選んでみるのもオススメです。
とくに選ぶものがなければ、まずはサメ系の映画はどうでしょう。
ジョーズを皮切りにしたサメ映画は昨今飛躍していて、笑えるモンスターパニックの代表格になりつつあります。
タコのような触手があったり、頭が2つあったり、空を飛んだりするのは当たり前。ぶっ飛んだ設定にあまり慣れていない方なら、いろいろと突っ込みながら見られると思います。

また、そのほかにオススメかもしれないB級映画を少し挙げておきます。

・尻怪獣アスラ

タイトルからして突っ込みどころ満載。主人公の尻が町と人々を襲っていくモンスター(?)パニック作品です。

・シャーロックホームズvsモンスター

設定も締めも、なにからなにまでぶっ飛んだ作品。最初から斜めに構えて見ていれば意外なおもしろさがあると思います。

・パニックマーケット

災害で水没したスーパーマーケットの中でサメに襲われるサメ映画。ですが人間模様もしっかり描かれている作品です。

これで退屈を感じる休日を少しだけ楽しくできるかもしれません。「なんだこれ?」と思ったものをぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
吾郎バラン

吾郎バラン

仕事に疲れてきた社会人。 しかし仕事はせねばならず、どうやったらラクに楽しく生きていけるかを考え中。 ときに自分の経験を踏まえて、ビジネス系・日常の生活関連・雑学などの記事を書いていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る