優柔不断なあなたに!物事をスッパリと決められる方法

217

AにするのかBにするのか…人生を左右するわけでもないのに小さなことにも決断ができない人っていますね。
さんざん迷ってどちらも選ばなかったりと、一緒にいる人間が疲れてしまうことが多々あります。
優柔不断は一緒にいる人も苦痛なんです。スパッと決められる人間になるにはどうしたら良いのでしょうか。

優柔不断な人ってどんな人?

甘えん坊な人に多い気がします。子供のころから親に決めてもらい自分で決めることをしなかった人、大人になっても「だれかと同じものでいいや」といった感じで自分で決めません。
完璧主義の人も意外に優柔不断です。「絶対損したくない」「失敗したくない」「人に笑われたくない」そう考える人はなにか選択する時もとても慎重です。
自分に自信がなかったり、人の意見が気になったりと周りの目を気にする人ほど優柔不断になりやすいのではないでしょうか。

第一印象を大切に

どちらかで迷っているのはどちらも似たような条件だからです。それなら最初に見た印象で好きな方に決めてしまいましょう。
他人はそれほど人のことは気にしてませんから、何を選んでもとくになんとも思わないことの方がほとんどです。
たとえ選択に失敗しても笑い話にしてしまえるくらいのおおらかな気持ちが大切です。

最終的には自分で決めなければいけません

人のアドバイスを聞くことも重要ですが、最終的に決めるのは自分でなくてはいけません。人が言ったから諦める、こっちにする、といった考え方では優柔不断は治りません。
失敗しても「相手がそう言ったから」「私のせいじゃない」と言い訳できてしまうからです。
他人の意見がすんなりと納得できるようならその考えを大切にしてもいいでしょう。
それでも迷うようなら「自分が好きな方、したい方」を取りましょう。失敗してもあきらめがつきますよね。

選んだらそれ以上考えない

買い物した後でもっと安い、良い商品に出会ってしまうことも良くありますよね。
私は買い物したらサッサと家に帰ります。今、買ったものが最高だと信じて、家に帰って袋から開ける瞬間に「これが欲しかったんだよね」と心から思えます。
選択したらもう他の情報はいりません。自分の選択を信じてあとはどうやって楽しもうか、次のステップを考えるようにしましょう。

失敗しても大丈夫、おおらかな気持ちでいましょう

他人はそれほど人のことに興味はありません。失敗してもその時だけ話のネタとなるだけですから、笑われるより先に「ちょっと聞いて~」なんて笑わしてあげればいいんです。
メンタル的にへこんでしまうという人は、経験値が増えたと思えば良いのではないでしょうか。
効率よく近道ばかりしているよりも、たまに遠回りしている方が思わぬ経験ができるものです。次回の選択に活かされる知識が増えたと思いましょう。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る