GW後の罠!五月病に対抗する方法

211

5月病は新入生や新社会人に多いといわれています。緊張して何をするにも気を遣っていた4月を経て、やっときた連休は緊張の糸をやっと緩められるひと時です。
しかし長期連休ゆえに「もう会社行きたくない……」「学校イヤだなぁ……」という思いが大きくなってきてしまう人もいます。
5月病は一時的なもので、仕事や学校の環境に慣れれば自然と改善していくものなのですが、中にはうつ病のきっかけとなってしまうこともあります。
誰もがかかる可能性のある5月病に負けない方法はないものでしょうか。

五月病ってどんな症状?

・体がだるい
・やる気がでない
・食欲がない
・眠れない
・動悸
・イライラする
・涙もろくなる
・不安感 などがあげられます。
一見、たるんでる、面倒くさいだけのダラダラ病とも思われている5月病ですが、実は「適応障害」とも呼ばれており、5月に限らずいつでも発症する危険があります。

五月病にはどんな人がなりやすい?

・新しい環境についていけない
・人間関係についていけない
・入学、入社が目標となって燃え尽きてしまった
・理想と現実のギャップを受け入れられない
このようなタイプの人が5月病になりやすいとされ、比較的真面目で一生懸命な人、悩みを口に出さない人は要注意です。

五月病対応策1:コミュニケーションを取ろう

1人でいると鬱々とした気分になりがちです。思考もネガティブな方向に進みがちになるため、なるべく一緒に誰かと過ごせる時間を作れるのが理想です。
話しているだけでも脳が刺激され、ストレス発散になります。「会社行きたくないなぁ」「仕事ができるか不安」そういった不安を口にするだけでも心が軽くなっていきます。
誰かと一緒に愚痴を言い合えば「自分だけじゃない!」と前向きになれるきっかけにもつながります。

五月病対応策2:普段と同じ時間に起床、就寝する

せっかくの連休なのだから朝寝坊をしたいという気持ちも分かります。夜更かし、朝寝坊は連休の前半だけにして後半からは普段の生活に戻していきましょう。
生活習慣が乱れたまま連休が明ければ誰だって辛いものです。たっぷり睡眠をとってなるべく早寝早起きを心がけましょう。

最後に、「仕事が不安」「人とうまくやっていける自信がない」というのはあなたが真面目に、真摯に取り組もうとしている証です。
「どうでもいい」「いつ辞めたって構わない」と思っている人は悩んだりはしません。
新人の人に多いといわれる5月病はそれだけ頑張ってきた反動ともいえるので、肩の力を抜いて、時には人の助けを借りる勇気も出してみてください。
連休明けは出勤、登校できただけでもOK! ぐらいのおおらかな気持ちで過ごしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る