冬に起きれないあなたへ!二度寝しないコツを教えます

192

二度寝しちゃって大ピンチ! 朝スッキリ目が覚めるコツとは

お布団の中って気持ち良いですよね。冬場は特に起きるのが億劫になり、ずっとお布団に入っていたくなります。
ですが、そうもいかないのが社会人。好きなだけお布団で眠れるのは1週間の内、2日だけ。
残りの5日は否が応でも布団にしばしの別れを告げなければならないのです。
しかし、起きると決めても、ついうっかり二度寝してしまうことも。
今回は二度寝しないコツについてご紹介します。

朝起きたらまずは朝日を! カーテンを思いっきり開けてみよう

朝日を浴びると、体が朝だと認識し、次第に目が覚めていきます。
朝起きたらまず電気をつけ、そして思いっきりカーテンを開けて朝日を浴びてみましょう。
カーテンを開けるまでが辛いですが、効果はてきめんです。

もし、なかなか起き上がれない……というときは目覚まし時計に工夫をしてみてはいかがでしょうか。
最近は、起きれないという人の悩みに応えた目覚まし時計が多数登場しています。
アラームの時間の少し前から徐々に光を放ち明るく照らす目覚ましもあるので、こういった物を活用してみてはいかがでしょうか。

目覚まし時計をユニークなものに変える、遠くに置く

先ほども述べたように、最近は起きれない人のための目覚まし時計がたくさんあります。
中にはとても面白い物があり、解除をしなくては止まらない時限爆弾をモチーフにした目覚まし時計や、計算式を解かないと止めれない目覚まし時計などがあります。
他にも、自分から逃げていく目覚まし時計や、指定回数タップしないと止めれないアラームアプリなどユニークなものもあります。

そして、目覚まし時計はベッドより遠くに置きましょう。できるだけ手の届かない位置、起き上がらないと触れない位置です。

起き上がって目覚ましを止めているうちに、目が覚めてくると思います。
目覚まし1個では不安な人は複数個をセットして、違う場所に置いておくのをお勧めします。

スヌーズ昨日は使用しない!? アラームをかけるのは1回だけ

「起きられないからスヌーズ機能を使う」という人は多いでしょう。
ですが、スヌーズ機能は意外なことに、二度寝の原因となっているのです。
目覚ましが鳴っても、「また5分後にスヌーズで鳴る」という安心感から二度寝をしてしまうのです。
1回しか鳴らないと思っていると、頭も覚醒しやすくなります。
また、どうしてもスヌーズなしが怖いという人は、同じ時間にたくさんの目覚ましをかけましょう。
同じ時間であれば問題はありません。

起きる前に部屋を暖めておく

寒いとなかなか布団から出られませんよね。そんなときは眠る前に、エアコンのタイマーをオンにしましょう。
設定する時間は、起床時間の30分~1時間前。起きる時間には部屋も温まっています。
部屋を暖めると、布団から出るのも億劫にならないうえ、体も温まり血液が巡りやすくなります。
頭も体も覚醒しやすくなるので、冬は暖房をタイマーでかけてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る