二日酔いは嫌だという人に役立つ予防&対処法

187

爽やかな朝だというのに不機嫌な顔をして起きてくる夫…。
なぜそこまで飲んでしまうのかお酒を飲まない私にはさっぱり分かりませんが、二日酔いの予防に効くものはないのでしょうか?

お酒を飲む時の二日酔い対策

・なるべくゆっくり飲む

ハイペースで飲んでしまうと肝臓の分解が追い付かず、すぐに酔ってしまいがち。急性アルコール中毒も考えて、ゆっくり飲むようにしましょう。

・料理を食べよう

二日酔いする人はあまりおつまみをとらず、お酒を飲むことがメインとなってしまいがちです。
お酒を飲むときには揚げ物、ナッツなど油分で胃の粘膜を保護してあげるようにしましょう。
脂肪を取ることが嫌な人は緑茶がお勧めです。カテキンがアルコールの吸収を阻害してくれます。
※牛乳を飲むことはあまり二日酔い防止に効果はありません。食糧事情の悪かった時代に油分を取ることの代用として飲まれていたようですが、効果は低いようです。

・ドリンク剤

二日酔い防止に効果が高いです。
ただし、アルコールを分解するタイプのドリンクは酔いにくい効果もありますので、いつも以上に飲み過ぎてしまう場合もあります。
利用する時にはアセトアルデヒドの分解を促すタイプの物を選びましょう。

・お酒の種類を選ぶ

アセトン、タンニンなど不純物が多くなるほど二日酔いしやすくなります。
不純物の少ない焼酎、泡盛、ウォッカ、ジン、ラムが良いとされています。
しかしこれらのものも安いものだと不純物が混ざってきますので、なるべく高いお酒を飲みたいものです。

それでも二日酔いしてしまったら

・とりあえず水

アルコールの利尿作用により脱水症状を起こしています。頭痛、吐き気がする時には少しづつでもいいので水分を取るようにしましょう。
吐いてしまっても水分は取ってください。胃酸が食堂の粘膜を傷つけてしまいますので、ゆっくりと少しづつとっていくようにしましょう。

・コーヒー

頭痛がひどい時にはコーヒーを飲んでみましょう。カフェインが血管を収縮させ血液を流す量を少なくしてくれます。
ただし、胃が弱っている時ですので、ブラックコーヒーはやめてください。必ずミルクを入れて飲むようにしましょう。

・シジミのみそ汁

食欲があるようならお味噌汁が効果的です。脱水で出てしまった塩分、水分を補給でき、味噌に含まれるレシチンがアルコールを蓄積させません。
また、シジミにはアミノ酸が豊富に含まれておりアルコールの分解を早めてくれます。

最後に二日酔いに一番効果的なのが「睡眠をとること」なのだそうです。
安静にすることで体の機能はアルコールの分解に全力で取り組んでいきますので、二日酔いの時にはなるべくゆっくりと休んでください。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る