皆に好かれる性格がいい人の特徴

183

誰からも愛される人は、愛されるだけの理由をもっています。
男女問わず、共通の特徴があるためこの記事ではその点に注目していきます。

いい人の言動は意図的ではなく、自然に身についているものであるため違和感がありません。
人として尊敬されるだけの理由を十分もっているため人望も厚く、その人の周りにはいつも人が集まります。
誰の目から見ても好印象な人は一体どのようなことをしているのか、以下にまとめてみました。

人に接するときはいつでも笑顔

誰にでもできそうで実はかなり難しいのが、笑顔で人に接することです。
イライラしていても、それを外に全く出さずに微笑んでいられるとなるとできる人は限られます。
性格がいい人は、作り笑いさえも自然な笑い同然に見せるため大変愛想が良いです。

誰だって暗い人より、明るい表情をしている人のほうが親しみを感じます。
そういう人の側は雰囲気も心地よく、元気を分けてもらえるお陰で自分までもが思わず顔がほころびます。

見返りを求めずに親切をほどこす

いい人というのは当たり前のように人に親切にします。
困っている人がいたら躊躇せずその人の側に行き、親身になって助けます。
下心なしどころか、見返りまでも求めないのでその存在はもはや菩薩の領域です。

親切にしたのにそれを無下にされると怒る人は優しい人ではなく、相手によく思われたいためだけの下心ありきの人です。
本当に人を助けるつもりの人は、自分のエゴのために動きません。
その自然さが周りに好感をもたせ、好かれる理由を作っています。

人の意見を素直に聞く

多くの人から好かれる人は、「でも」といった反論の言葉を使いません。
人の意見はどんなものでも聞き、なおかつお礼までも言います。

年を重ねると何でも、意見をはいはいとは聞けないものです。
しかし、意見の対立は争いのもとであることを知っているとストレートに否定せずに、遠回しに言います。
争いを自然に回避できるスキルは、周りから好かれる要因になります。

また、人の意見に同調するということは共感性が高いとも言えるので、会話を弾ませるのが非常に上手いです。
聞き上手は話している人の気分を良くするため重宝されます。

怒鳴るのではなく叱る

怒鳴ると叱るは似た意味ですが、厳密にいうとこの2つには違いがあります。
怒鳴るは大声で不満を言うことで、叱るは冷静にミスを指摘することです。

大声は相手にミスの大きさを伝えるのに有効な手段ですが、冷静さを欠いていることが多く、言葉も乱暴になりがちです。
感情任せに言う人と、静かな口調で的確に指摘する人とでは、どちらが好かれやすいのかは明らかです。

大声は周りの人間にとっても聞いて気持ちいいものではありません。
たとえ怒り心頭であっても、静さを見せる人は、いい人として見られます。

どんな人とも話をする

人間、どうしたって嫌いな人、苦手な人が出てきます。
社会人ともなると仕事でどうしても関わらなければいけないときが出てきますが、それを除くと自分から接触することは少ないでしょう。

しかし、いい人というのは万人に平等です。
たとえ苦手と思っている人でも話しかけにいき、そして笑顔を忘れません。

性格がいいと、心まで寛容なのか嫌な顔ひとつせずお喋りをするので色々な人から好かれます。

The following two tabs change content below.

太郎

1994年生まれの女子大生。現在就活中です。 一時期風俗で働いていたことがあるので、他の記事に交じってそれ関連の話もちょっぴりだけ書きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る