知らないと恥ずかしい名刺交換のマナー

173

大人の証として「名刺を持つこと」というのがあります。社会人としてデビューして自分の名刺を持つことに感動した人もいるのではないでしょうか。
しかし、意外に知られていないのが「名刺交換のルール」です。基本をしっかり押さえてスマートに名刺交換ができるようにしましょう。

名刺は綺麗ですか?

ポケットや財布に名刺を入れていると汚れたり折れ曲がったりしてもらった時に不快です。
“名刺ケース”にきちんと保管していつでもすぐに取り出せる所に入れておきましょう。

1対1で交換する時

目下の人から先に名刺を出しましょう。目下とは年齢や役職のことではなく、「仕事、お金をもらう方が目下」「仕事、お金を出す方が目上」です。
営業活動する上では常に訪問者が目下ということになりますので、自分から先に名刺を出すことになります。
先に出してもらった時には「申し遅れました」と言い、相手の名刺より低い位置で交換しましょう。

複数で交換する時

目下側の中から役職の高い順に交換していきます。上司が名刺交換を終えたら自分も交換しましょう。

交換する時のマナー

交換する時は必ず立ち上がり、机越しで交換しないようにしましょう。通路側まで出て相手のそばで交換するようにしてください。
名刺入れから出し、両手を添えて胸の位置で交換します。交換する際には社名と自分の名前を言いながら相手に渡します。
つい手元を見てしまいがちですが、相手の目を見て自然な笑顔を作れるようにしましょう。
相手の名刺をもらう時には「頂戴します」と一言付け加え両手で胸より高い位置で受け取ります。この時、相手の社名や名前が自分の指に隠れてしまうことがないように注意してください。
読み方が難しい場合は、この時に聞いておけば失礼にあたりません。

もらった名刺をどうしよう?

机の、自分の斜め左に置きます。1対1の時であれば名刺は直接机の上に置かず名刺ケースの上に置きましょう。
複数の場合は役職の1番上の人の名刺をケースに置き、その他の人の名刺は机に並べます。
机に置くスペースがない場合は軽く一礼し、名刺ケースにしまいましょう。

いつ名刺をしまう?

相手がしまった後にしまいますが、自分だけしまうのはマナー違反です。周りとタイミングを合わせて雰囲気で対応してください。

名刺の管理をしよう

名刺には相手の会社情報が記されているためにずさんな管理はしないようにしましょう。
ホルダーやパソコンに保存しておくだけではなく、日付、相手の特徴、仕事内容など書いておくと次回に役立てられるかもしれません。
交換した相手がいる時にするのは失礼ですから、帰社したらすぐに、記憶が明確な内にするようにするといいでしょう。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る