体調が悪い時に食べると良い食べ物

172

体調が悪いと食欲もでませんが、食べなければ体力もつかず症状も長引いてしまいがちです。
体に優しいものを食べ、十分な休息をとるようにしてください。そして、症状が重い時には躊躇せず医療機関を受診するようにしてください。

頭が痛い、発熱している時

頭痛にはカリウムの摂取が効果的です。とくに「わかめ」「こんぶ」には多くのカリウムが含まれています。
また、イモ類、大豆もカリウムが豊富に含まれていますので、「わかめの味噌汁」なんていいかもしれません。
仕事中の時にはナッツも効果があるので、手軽にいつでも食べられそうですね。
熱が出た時には、まずは水分補給です。体力も消耗しているので消化の良い「うどん」「おかゆ」などを食べるようにしましょう。
「卵」は消化、栄養面から見てもお勧めの食材です。うどんやおかゆに混ぜて食べるといいですね。
「ゴーヤ」「キュウリ」も熱を早く下げる効果があります。無理することなく食べられる範囲で少しずつとるようにしてください。

のどが痛い時

消炎作用が豊富な「ダイコン」がおすすめです。とくに汁に多く含まれていますので、「ダイコンおろし」などいかがでしょうか。
また、「ハチミツ」にも同じ効果があり、飲み物に入れて飲むようにすると手軽に摂取できます。飲み物はノドを刺激しないように常温のものが良いでしょう。
アルコールや炭酸、コーヒーは刺激が強いので控えてください。

胃が痛い時には

胃が痛い時には暴飲暴食は避けて、消化によいうす味の物を食べるようにしましょう。
「ダイコン」は消化酵素であるアミラーゼが豊富です。消化を助け、整腸作用で胃のむかつきや食欲増進に繋げてくれます。
外出先なら「牛乳」を飲んで胃の粘膜を保護しましょう。冷たいものではなく常温、ホットで飲むようにしてください。

お腹が痛い時

便秘でお腹が痛い時には食物繊維が豊富なバナナやサツマイモ、キノコ類をとってみましょう。便通が悪い時にはネバネバした「おくら」「納豆」「もずく」もお勧めです。
反対に下痢の時には一気に食べることはしないようにしましょう。整腸効果のあるヨーグルト、ダイコンが効果的です。
下痢の時には水分が不足していますので、少量ずつとるようにしてください。

疲れ、だるさが取れないとき

疲労回復にはすっぱいものがお勧めです。レモン、リンゴなどのフルーツは飲み物でも取りやすく、食事の時にはお酢をかけて食べるのも効果的です。
すっぱいのが苦手という人は火を通すことで酸味が和らぐので、食べやすくなるのではないでしょうか。
また、豚肉には代謝を促してくれる「ビタミンB」が豊富ですので、疲労回復に持って来いです。
疲れた時に甘い物をとる人も多いと思いますが、頭と体によって摂取する物が違います。
甘いものは頭に疲労を感じるときに食べるものであり、体が疲れた時にはフルーツや豚肉をとった方が効果的です。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る