自分の趣味を見つけろ!これであなたもストレス解消だ

165

ストレス解消に趣味が最適な理由

毎日の生活、ちょっとしたことでも1日1日重ねていくと大きなストレスになります。
“ストレス社会”という言葉があるように、仕事が大きなストレスになっている人もいるのではないでしょうか。
日々蓄積されるストレスに対し、趣味は最適な方法だといわれています。
何かひとつの物事に没頭することで、日々のストレスを和らげ、忘れることも可能です。
趣味が楽しいと、それが糧になり「楽しみがあるから頑張れる」という気持ちになれます。
目先に楽しいことが待っていると、それまで苦痛に感じていた仕事も軽く乗り越えられるようになるのです。

趣味に対して高いハードルを持ってしまう

年間を通じて楽しめる趣味があるのが理想的ですが、意外にも無趣味で休日はTVかネットサーフィンという人も多いそうです。
そんな無趣味な人も、趣味を見つけようと色々と探すのですが、長続きしないという言葉が多くみられました。
長続きしない理由というのが、”日本人は趣味に対して高いハードルを自分に課してしまいがち”という傾向があります。
始めたての初心者の状態から、大きな目標や理想を立ててしまい、挫折してしまうのです。

例えば、”絵を描く”という趣味。紙と描くものさえあれば、誰でも始められる気軽な趣味です。
ところが、それでは趣味と認められないという人も多く、油画や日本画などをいきなり始めようとしてみたり……といった具合です。
他にもいきなり高価な道具を揃えたり、教室に通って習わないと趣味とはいえない……と考えている人も多いといいます。
また、今まで絵を描いてこなかった人が急に描いたり、道具だけ揃えたところで突然上手くなるということはありません。
高い理想を持ってしまったことで、上達しない自分に落胆し、「楽しくない」「向かない」と考えてしまいます。

趣味を長く続けるなら、アイテムは多く揃えない

“弘法筆を選ばず”とはよく言ったもので、道具があるからといって上手くなるわけではありません。

趣味には、お金がかかる趣味とかからない趣味があり、日本人は二極化する傾向があります。
お金に糸目をつけず、まず教材や道具を買い揃えて形から入る人と、できるだけお金を使わずに楽しもうとする人です。
例を出すなら、ランニングを始める際に、高価なランニングシューズやウェアを買い揃える人と、普段のスニーカーと服で始める人、といった具合です。

趣味を長く続けたいなら、形から入るのも良いですが、できるだけ最初は趣味で使うアイテムを多く揃えないことをお勧めします。
アイテムを多く揃えると、揃えたことに対して満足感を感じやすくなってしまうからです。
続けていた趣味に飽きてしまったときに、「高いお金を出したから……」と無理して続けてしまい、趣味に嫌気が差してしまうことも。
趣味に投資をすることは大切ですが、最初から投資しすぎてしまうのも失敗する原因になります。

趣味が続けば、次はあれをしたい、これをしたいと、どんどん幅が広がっていきます。
絵画なら新しい画材が欲しくなり、ランニングなら走りやすい靴、料理ならさまざまな調味料や調理器具が欲しくなります。
好きになれば、欲求はどんどん増えていくので最初はそこまで揃える必要がないのです。
趣味を新しく始めるなら、まずは必要最低限のものを準備してから始めていくことをお勧めします。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る