後悔したボーナスの使い道

164

年2回の正社員のお楽しみ、ボーナスについて

正社員になると楽しみになるのが、やはりボーナスですよね。
私も社会人になった18歳の夏、1年目で半年も働いていない、ということで寸志程度のボーナスでしたが、何に使おうかとすごくわくわくした記憶があります。
しかし、まとまったお金が手に入ると、気が大きくなって必要なもの以外のものも買ってしまうことがあります。
そして最終的になぜ買ったのか……と後悔。社会人なら1度はやってしまいそうな失敗ですよね。
今回はそんなボーナスに関する失敗例を紹介します。

思わぬところにクレジットカードの落とし穴!さらばボーナス……

私はボーナスが入ったら、冬服を買って親にプレゼントして、残りは貯金に回そう! そんな夢をたてていました。
その時のボーナスは高卒ということもあり16万、コートが1万で親に2万、これなら10万以上貯金できる! と考えていたのですが……
私は社会人になった時に携帯料金の引き落とし用にクレジットカードを作っていました。
定期代などもクレジットで払えばポイントも入り、通販でもすぐに商品を発送してくれたりと、まさに夢のようなカードです。
しかし、手元からお金が消えないため、お金を使っているという感覚がありません。
特にネット通販での買い物は感覚が麻痺してしまい、あとから多額の請求が届いて驚愕する……といったケースも少なくありません。
さらに、私の場合は「ボーナスが入るからいいや!」と気が大きくなっており、ボーナス払いでの決済を多くしていたのです。
“塵も積もれば山となる”とはよくできた言葉で、待ちに待った初年度の冬のボーナスは、魔法のカードと錯覚したクレジットの借金返済へと消えていきました。
楽しみにしていたボーナス、もちろん自分へのコートも母へのプレゼントも貯金もなしです。
クレジットカードの使い方には気を付けてくださいね。

気が大きくなり、思い切ったものの……

クレジットの失敗があり、クレジットを滅多なことで使わなくなった私ですが、その分大きな買い物をしなくなりました。
今まではクレジットの分割払いでできていた大きな買い物なので、現金では足りませんでした。

そして待ちに待ったボーナス。今世間では「半分は貯金、半分は使う」や、「1つ物を買って残りは全額貯金」など賢い考えの人も増えていますが、その時の私は違いました。
今まで抑えてきた買い物欲求を満たしたい、そしてデスクワークで太ってしまった体を何とかしようと必死でした。
結果、何を思ったのか私は思い切ってダイエット系の飲料やトレーニンググッズ、ダイエットグッズなどを大量購入!
最初こそ頑張ったものの、まぁ結果は見えていますよね、数日でタンスの肥やしです。
購買欲求は、今まで抑えていた分、とりあえず買うことに満足してしまい、その先がないのです。
それなりの値段のするものは、本当に今必要な物なのか、それをきちんと考えての購入をお勧めします。

もう少し待てばよかった、2か月の辛抱

もう1つ後悔したボーナスの使い道といえば……当時、周りの人たちが一気に携帯からスマートフォンに乗り換えた時期があります。
1人また1人と、どんどん周りがスマートフォンを手にしていく焦りは今でも覚えています。
私の周りではスマートフォンが流行っており、あれを手にしたくて仕方がありませんでした。
そして何度目かの夏のボーナス、更新月でもないのに思い切って大きい容量のスマートフォンを購入、諭吉さんが10人ほど飛んでいきました。
その時はすごく満足していました。心の底では、まだ携帯電話を持ってる人たちを笑っていたと思います。(つい先日まで携帯電話でしたが)
しかし、スマートフォンは新作の発表も発売も唐突です。私が購入した2か月後にはなんと新作が発表されたのです!
機能も私が購入したスマートフォンと比べて充実しており、情報をもっとよく見ておけば……と後悔しました。
ボーナスが入ったからといってすぐに使ってしまうと後悔するのかもしれません。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る