掃除が面倒くさいあなたへ!簡単に始められるお掃除術

143

「やらなきゃなぁ」と思っていてもなんとなく目をそらしつづけてしまう掃除。日々、家事をこなす主婦でも「掃除大好き!」という人は多くないように感じます。
かく言う私も掃除は苦手です。しかし家族がいるとそう言うわけにもいきません。衛生環境の悪さは万病の元!面倒くさがり屋の人でも簡単にできる掃除術を紹介します。

面倒くさがり屋の人ほどこまめに掃除しよう!

私の経験から時間をかけ一気に掃除するよりも、普段ちょこちょこ掃除しているだけの方が圧倒的に楽です。
汚れたらすぐに拭く、終わった物は片付ける、それだけのことで綺麗な部屋がキープできるんです。大掃除するよりも絶対に楽です。

掃除道具はすぐ手に届くところに!

掃除道具をしまい込んでいると出すのが面倒くさくなり掃除をしなくなってしまいます。
ベッド、机、ソファーの脇に「ミニチリトリ&ホウキ」「粘着ローラー」「ウエットティッシュ」「ハンディモップ」をひとまとめにカゴに入れて置いておきましょう。
大概の小さな汚れやほこりはこれで何とかなります。各部屋に置いておけば汚れが気になった時にすぐに掃除できます。
どのグッズも100円ショップで揃えられるものばかりですよ。

とりあえず窓を開けてください。

掃除に取り掛かる前に窓をあけましょう。掃除で舞ったほこりは閉めきった部屋ではまたつもって意味がありません。
普段から短時間でもいいので、窓を開けるようにするとほこりが積もりにくくなります。窓を開ける時には風が通るように2か所の窓を開けてください。

誰もが憂鬱になる水周り

トイレ、浴室、洗面所、シンク、水を使う所は何かにつけて汚れがちです。湿気が多いのでカビも生えやすく赤いヌメリが菌をさらに増殖させます。
カビの予防策として常に換気扇をつける、汚れ、水けをふき取ることが重要です。お風呂は使った最後に冷水をかけておくだけでもカビ予防になります。
カビがこすってみて取れないようならカビ取り洗剤を使いましょう。キッチンペーパーに浸してしばらく放置したのち洗い流します。
キッチンペーパーの上からさらにラップをかぶせておくと薬剤の蒸発を防ぎ効果的です。

ふき掃除で足元快適!

素足になる機会の多いこの時期は床がザラついていたりすると不快です。
まず床にはなるべく物を置かないようにしましょう。掃除しやすいスッキリとした環境が大切です。
薬品を使わなくても水拭きと空拭きだけでも十分に落ちます。モップでもいいのですが、週に1回でも雑巾がけをしてみてください。衝撃的な光景が見られます。
「お米のとぎ汁で雑巾がけするといい」という話を聞いたことがある人もいるかと思いますが、でんぷん質はカビの大好物です。光沢はでるかもしれませんが、お勧めしません。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る