あいつと何が違う!効率よく進める仕事テクニック

140

社会人になり、それなりに年月が経つと自分のやり方ができあがってきます。
しかし、周囲と比べると自分の作業スピードが遅いと感じるときがあるのではないのでしょうか。
ただ仕事をこなすだけではスマートとは言い難いです。
効率よくやることで仕事はスムーズにいき、スキルアップにもなります。

そこで、今回はその秘訣をお教えします。
仕事のできる人は上司だけでなく、社内の評価も上がるため良いこと尽くしです。ぜひお試しください。

会話は常に短く

会話が長ければ長いほど時間は奪われていきます。
子どもの頃、朝礼で校長先生の話が長いと辟易した経験がある方は多いことでしょう。
話がだらだらと続くと相手の集中力が切れてしまい、せっかくの内容が頭に入ってこない可能性が出てきます。

無駄に時間だけ過ぎていくだけの会話ほど無益なものはない、と考える人は必要最低限の話しかしません。
常に時間を意識することで空いた時間が生まれるので他の仕事ができ、作業量が自然と増えていきます。

話が長い人は歓迎されることが少ないので、その点でもメリットがあります。

休憩はこまめにとる

いくら体力がある人でも、仕事をしていれば心身ともに疲労は蓄積されていきます。

思考力が低下して正しい判断を下せなくなると作業に支障が出てくるので、お昼以外にも休憩はとるようにしましょう。

社内でタバコ休憩がOKであれば少し一服したり、飲み物を買いに行きがてら他のフロアにまで足を運んだりしても良いです。
ストレッチをして鈍っている頭を起こすのも、気分転換となってスッキリします。

サボりと休憩は全く意味が違います。
煮詰まっているときほど空回りしやすいため、適度な休みを入れてメリハリを付けると作業率がアップします。

机周りとデータは整理する

散らかっているところから必要なものを取り出す作業は、実は本人が思っている以上に余計な時間がかかっています。
仕事を効率よく進めるためには、机周りとPC内のデータを作業がしやすい環境に整えていくことが大切です。

100均で買える収納ボックスやファイルは必須アイテムで、保管しなければいけないものは手が届く場所に仕舞っておきます。
PCはファイルを作ってデスクトップをきれいにしておくだけでなく、よく見るページはショートカットを作っておくと便利です。

どういった風に整理しておけば使いやすくなるかは自分にしかできないことですので、いろいろと試していくのが一番です。

The following two tabs change content below.

太郎

1994年生まれの女子大生。現在就活中です。 一時期風俗で働いていたことがあるので、他の記事に交じってそれ関連の話もちょっぴりだけ書きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る