好感度アップ!身だしなみで決まるあなたの印象

110

「第一印象は見た目で8割決まる」という言葉のように、人間は大一印象をほぼ見た目で判断しています。たとえ内面が素晴らしくても身だしなみが悪ければ、人はあなたのことを知ろうとしてくれません。
身だしなみは流行りの物を着て、ブランド品を身に着けることではありません。誰でもすぐに実践でき、改善できるものです。
より良い人間関係を築くために、少し身だしなみに目を向けてみてはいかがでしょうか。

高感度アップを狙うなら、なにはともあれ清潔感

男女共に嫌われてしまうのが「不潔な人」です。
手入れされていると思えない髪型やヒゲ、爪が長い、体臭がきつい、いくらセンスのいい服を着ていても本人がこれでは良い印象は持てません。
ネイルしている女性も、つけ爪が長すぎたり、派手なデコネイルでは「清潔」という印象は持たれないでしょう。
体臭は、体質もありますが悪臭だと他人の印象を大きく下げてしまいます。
不潔な印象を避けるためにも、毎日お風呂に入る、歯磨きをする、体臭予防のグッズを使って極力他人に不快感を与えないよう気を付けましょう。

服装でも“清潔感”は大切、あなたは大丈夫?

次に服装ですが、ここでも“清潔感”が必要です。
まずは、サイズはちゃんと合っているでしょうか。
袖や裾があまって手が隠れ型崩れしていたり、ボタンが弾けそうなほどピッチリした服装では「だらしがない」と思われてしまいます。
特に会社で着るスーツは、デザインよりも機能性を重視して選ぶようにしましょう。
これは男性に限ったことではありません。女性のスカートや、パンツタイプのスーツでも同じことが言えます。さらに、気にすべきポイントもあります。
まず、ズボンの折り目はまっすぐついているでしょうか。
家に帰った時には折り目を意識してハンガーにかけ、風通しの良いところにかけておきましょう。
ワイシャツはシワだらけになっていませんか。首回りが黒ずんでいたり、汗で黄ばんだりしていませんか?
シャツは毎日替えて洗たくする、落ちにくい汚れはつけおき洗いすると、普通に洗濯するよりキレイに汚れが落ちます。
そして、アイロンは特に目がいきやすい襟や袖口を意識してください。

真っ白でパリッとしたシャツは、見ている人に好印象を与えるだけでなく着ている本人も気持ちよくなるはずです。
最後は靴。汚れていたり、かかとがすり減ったりしていませんか?
革靴はふき取るだけでも汚れは十分とれますので、こまめに手入れするようにするといいですね。
また、靴を2足以上をはきまわすと長持ちして匂いも軽減されます。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る