これであなたも仲間入り!インテリアでお部屋のオシャレ度アップ

051

北欧家具がはやったり、シンプルな生活に憧れたり、高いお金を出して買ったけれど、イマイチお洒落さが発揮されていないことってよくありますよね。
その原因の一つが「部屋が片付いていないこと」です。
お洒落なインテリアもせっかく買ったのにゴミや洗濯物に埋もれてる…。高価な家具を買ってもこれではお洒落な部屋とは思えません。

まずは部屋をかたずけてどんな部屋にしたいのか考えてみませんか?

家具を買い変えなくても …。

お洒落なインテリアは世の中に数あるけれど、こだわるほどに値段も高価になるし、今使ってる家具を捨てるのも忍びない。愛着があるという人もいますよね。
ベッドは枕やシーツの色を変えてみる、ラグ、カーテンを変えてみる、ソファーはカバーを変えてみることで今までの印象とは全く違うものになります。
壁紙も張り替えなくとも「ウォール・シール」で手軽に印象を変えることができます。
どれも1万円以内でそろえられてしまうので節約したい人にお勧めです。

インテリアカラーを選ぶ

インテリアの色を統一するとお部屋がスッキリ広く見えるだけでなく、メンタル的にも効果が違ってきます。
シックな印象にしたいのなら黒や茶色のダークカラー、ポップな印象なら赤や黄色のビタミンカラーがお勧めです。
人が集まる部屋なら暖色系やアイボリー、ベージュが居心地良く感じるでしょう。恋愛に意欲的になりたい人には赤やピンクがお勧めですよ。

コレクションは決められた場所に

収集している物や作った物を飾りたい、という人も多いですが壁一面やいたるところにビッシリと置いてあると目が疲れます。
特に細かいものはコレクションケースに入れたりして部屋のポイントごとに飾るようにした方が見栄えが良くなります。

間接照明を置いてみよう

お部屋に間接照明を置くだけで一気にムーディに、お洒落な空間に一変します。
ベッドの下、観葉植物の脇、テレビの裏に多く使われていますが、注目してほしいポイントに使うことで、より目を引く効果があります。
照らすことでできる影が美しく、陰影をつけることで部屋が広く見える効果もあるので、夜になれば昼間とはまた違う部屋の印象が楽しめます。
ただ、間接照明は熱を持ちやすいので近くに燃えやすいものが置いてあると危険です。火災が心配な人はLED照明を使うようにしましょう。
コードが見えているとお洒落感が減ってしまいますので、できるだけ目立たないように配線しましょう。コードレスを買うのもいいですね。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る