これはアウト!周りに嫌われる発言集

019

人に嫌われやすい人に共通点はあるのか

人の好き嫌いは人それぞれ。それぞれの人に合う合わないのタイプがあります。
ですが、世間一般的に嫌われやすい人にはある程度の共通点があるのです。
「よく自分は周りから距離を置かれる」という人は、一度何が原因か考え直すとそれが見えてくるかもしれません。
今回は、嫌われやすい「発言」に着目してみました。

「自分もさ~」すぐに自分の話にもっていく発言

こちらが話題を振っているのに、それに対してすぐに自分の話にもっていく、これも嫌われやすい発言のひとつです。
話を広げるためであれば仕方ありませんが、それが頻繁にあるとイラッとします。
ただ辛いことがあって聞いてほしいだけの相手に対し、「わかる、自分もさ~」と自分の話をされても辟易してしまいます。
自分を語り、それが実のある話ならまだしも、自分の自慢で終わる話だとさらに最悪です。

「そんなの大した事じゃないでしょ!」すぐに否定ばかりする発言

すぐに否定する言葉を言う、まず否定することからはじまる、そんな発言は相手を不快にしてしまいます。
例えば「こんな事があって」と同情や労いを求めて愚痴を話す相手に対し、「そんなの大したことない」などの否定の言葉。
仕事で意見を述べているのに、自分は意見を述べず、まず否定から入る……こういう否定ばかりの人は、裏で陰口を叩かれたりもします。
さらに自分自慢との合わせ技、「それくらいで? 自分なんてさ~」と否定からの自分自慢の2コンボが決まったときは最悪です。
日常会話において、否定されたくて話をする人はそういません。相手が求めているものが何か、それを考えることが大切です。

「え~面倒くさい」マイナスな気持ちをすぐに口に出す発言

頼まれごとをして、気前よく「いいよ!」とOKする人と、「面倒だな~」と言いながらOKする人、どちらが好かれるでしょうか。
私だったら間違いなく前者の方が好感を持てます。

同じくOKするなら、内心面倒だと思っていても、明るくOKを出した方が好感が持てるのです。
これに対しては、頼まれごとに限った話ではありません。
私の体験で言うと、仕事で「面倒だからこれやっておいて」「手間だからやって」と頼んでくる人。
この発言に対しては同僚たちがザワつきましたが、きっと本人は気が付いていないでしょう。
その「面倒」「手間」というものを人に押し付けることに対し、この態度でなぜOKだと思ったのか……。
「面倒」や「手間」その余計なひと言のせいで、相手に不快にさせるため、マイナスな気持ちは隠しておいたほうが良いでしょう。
「これお願いね」などの当たり障りのない頼み方で済むところを、余計なひと言を言ってしまう。これも嫌われる人の特徴です。

「あの子素敵!」目の前の人を無視する発言

可愛い人、かっこいい人、綺麗な人、見ると思わず声に出して言いたくなる気持ちはわかります。
ですが、目の前の人を無視してその言葉を連呼するのは、デリカシーに欠ける発言であり、嫌われる原因になります。
例えば、目の前にいる友人のことを褒めたことがないのに、「あの子かわいい!」と言い出したら、相手はどう思うでしょうか。
直接的に友人を褒める発言はしていないものの、間接的に「お前は可愛くない」と言っているようなものです。
もっと極端な例を言えば、低身長がコンプレックスな男性を目の前に、「あの人背が高い! かっこいい!」「低い人はないわ」という発言をしたとします。
直接相手をけなしている訳ではありませんが、男性はどう感じたでしょうか。
こういったデリカシーのない発言、思いやりに欠けた発言をする人の特徴は、とにかく「目の前の人を無視する発言」をする場合が多いです。

結局相手に意識を向けられない、自分本位な人が嫌われる発言をしやすい

偏見ともとれる意見に聞こえますが、結局「人の気持ちを考えられない人」が嫌われる発言をしやすいのです。
「こういう話をしたら相手はどう感じるか」「どう発言したら相手は心地よく受け取ってくれるか」を考えられないからです。
そのため、ずけずけと自分本位な発言をし、周りの反感を買ってしまうのです。
「この発言は相手に不快感を感じさせていないか」それを意識するだけでも、自ずと嫌われる発言は減っていくでしょう。

The following two tabs change content below.

ウッチー

高卒で就職し、現在一人暮らし。仕事に熱を入れていたら、いつの間にか時が経っていた20代OL。 そしてつい最近「仕事と俺、どっちが大切なの?」と、昼ドラのような台詞で彼氏にフラれる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る