これでぐっすり快適安眠グッズ

009

暑くなってくると寝苦しくなり寝不足になるという人も多いのではないでしょうか。
家族が、朝ボ~ッとした顔で家を出ていく姿は事故に合わないかとハラハラするほどです。
仕事の効率も悪くなり、事故にあう危険も否めない、寝不足を放っておくことはできません。手軽にできる快眠グッズを紹介します。

クーラー、扇風機で快眠!

まずは家にある物を工夫してみましょう。
扇風機を自分の頭の方に置いている人は、足もとに変えてみましょう。足から頭を風が通っていくと体全体が冷やされて思った以上に快適です。
しかし一晩中、風にあたっていると喉が乾燥したり体調不良を起こす原因になるので、首振り機能を使ってください。
クーラーも同じくタイマー機能を使って一晩中つけておくことがないようにしましょう。
寝る30分前くらいにクーラーで寝具を冷やしておきましょう。タイマーは長くても2時間程度にして設定温度も低すぎないようにしておくことが重要です。

保冷剤を使ってみよう!

熱が出た時やお弁当の保冷剤を常備している家庭も多いですよね。100円ショップでも安く購入できますので利用してみましょう。
ワキにはさんだり太ももにはさむと効果的ですが、冷やしすぎて逆に体が体温を上げようとしてしまうので、後頭部に当てているのがいいようです。
カチカチに固まっているものはタオルにくるんだり、布団にはさんでおいてジェルタイプの物を頭に当てていると快適です。

畳で寝てみよう!

畳に使われている“い草”は湿度が高い時は湿気を吸い低い時には放出してくれます。
ひんやりとサラサラとした寝心地は布団で寝ると背中が熱くなって眠れない時にはお勧めです。
畳がないという人はゴザをシーツ代わりに使ってみると同じ効果が得られます。

香りを利用してみよう!

快眠の香りの代表として「ラベンダー」や「カモミール」があります。アロマオイルでなくともスプレータイプの物もでてきてお手軽につかえます。
ただ、花の香りが苦手という男性もいるでしょうし、わざわざ買うのも・・というのであれば「玉ねぎのスライス」が使えます。
玉ねぎはスーパーで1年中リーズナブルに買える家庭の味方、常にあるという家も多いでしょう。
玉ねぎのツンとした刺激臭「硫化アリル」にはリラックス効果と疲労回復効果があり、少量刻んで枕元に置いておくと安眠効果が期待できます。
ただ、この香りは虫も大好きな香りなので試す時には注意してください。

最後に、快眠するにはグッズだけでなく生活習慣にも影響が出ます。
寝る直前までスマホを触っていない、カフェインを取りすぎない、ストレスや心配事を抱え込まないということも重要です。
寝る時にはちょっとくだらないこと、どうでもいいことを考えていると眠気が自然と訪れるという人も多いようですよ。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る