通勤中の歩きスマホにご注意を

006

通勤中ついやってしまいがちな歩きスマホ。
会社からの連絡、電子書籍やゲームに集中してしまうなど、必ずやってしまう理由がありますが、注意力が散漫になるため大変危険です。

駅のホームには注意喚起するポスターが至るところに貼られているかと思います。
それぐらい歩きスマホが日常に浸透しているのです。
なぜ、そこまでして警告するのか。その理由をご説明します。

怪我や事故の危険性がある

本人は気を付けているつもりでも、歩きスマホは周囲への注意力が確実に低くなっています。
階段を下りるという簡単な動作も、自分でカウントしている段差と実際にある段差の数に差異が生まれれば簡単に踏み外します。

他にも、信号待ちをしているときに下を向いている人は周囲の人の動きで青に切り替わったかどうかを判断します。
しかし、信号を確認せずに動くのは危険なので絶対にやめてください。
周りが動いたとしても、必ずしも信号が青になっているわけではありません。

本当は赤なのに、それに気づかず道路に出てしまうと当然車と接触する可能性が高くなります。
前方確認を怠って良いことは何一つないため、歩くときはスマホはしまっておきましょう。

歩きスマホをしていると狙われやすい

スマホをいじっている人は、傍目から見れば無防備同然です。
そんな人をスリや引ったくりが狙わないはずがありません。

画面に集中していると視覚だけでなく聴覚も鈍るので、スマホなしのときと比べると格段に周囲への反応が遅れます。
片手は確実に塞がっているため、いざというときに動けない点も痛手です。

夜道ともなると視界はさらに悪くなり、イヤホンまでしているともう最悪です。
自分は大丈夫という安心感が仇になってからでは遅いです。

犯罪に巻き込まれる前に、歩きスマホの癖は直しておきましょう。

歩きスマホをしている人を狙った当たり屋

歩きスマホをしている人は周りが見えていません。その隙をつくのが当たり屋です。
事前に割った皿を用意して、歩きスマホをしている人にぶつかります。
その際に皿をわざと落として、相手に弁償を求めるという悪事が存在します。

歩きスマホをしている人も自分が悪いことをしている自覚があるため、当たり屋と気づけずに弁償してしまいます。
こういった事件に巻き込まれることもあるので、注意している「つもり」だけではダメです。
自分の身はきちんと守りましょう。

The following two tabs change content below.

太郎

1994年生まれの女子大生。現在就活中です。 一時期風俗で働いていたことがあるので、他の記事に交じってそれ関連の話もちょっぴりだけ書きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る