夏場にお弁当を作る時のポイント

311

暑い季節になると気になってくるのが「食中毒」です。なかでも夏場のお弁当づくりには気を使いますよね。
家族が元気に夏を乗り越えられるように、食中毒を予防できるお弁当のポイントを紹介します。

まずは手を洗って衛生的な環境で

いくら食材に気をつけても手やキッチンが汚れていれば何にもなりません。
手は石鹸でよく洗い、アルコール消毒もできるといいですね。包丁、まな板もこの時期は毎日除菌したいものです。
泡タイプのキッチン漂白剤なら短時間で手軽に除菌できますよ。そして、
包丁を洗う時に柄まで洗っているでしょうか。手でつかむところだけに雑菌も繁殖しやすくなっています。入念に洗いましょう。

ご飯を詰める時のポイント

312

お弁当は熱いうちにふたをしてしまうと内ブタに水滴が付いてしまいます。
水分は雑菌の繁殖のもとです。必ずさめてから、汁けを切り、フタをするようにしましょう。
しかし、ご飯自体も水分を含んでいますので、菌の繁殖を防ぐ効果がある「梅干し」「生姜」をご飯全体に混ぜ込むと効果的です。
すっぱいものが苦手な人は、ご飯を炊くときに酢を米3合に対し小さじ1杯入れると同じ効果があります。
一緒に炊くと酸っぱさもなくなるので、小さな子どもでも違和感なく食べられるのではないでしょうか。
おにぎりも素手で握るのはやめてラップなどで包んで握るようにします。

玉子焼きはゆずれない…!

313
夏場には向かないお弁当の定番ですが、これを楽しみにしているという人も
多いのではないでしょうか。避けたほうが無難ですが、どうしても食べたいときには半熟にせずよく火を通す、出汁は入れずに
味付けを抗菌作用のあるシソ、ワサビを少量入れてみるといいでしょう。子供には同じく抗菌効果のある
ハチミツで味付けするといいですよ。

夏に向いているおかずは?

314

キンピラ、生姜焼き、から揚げなど濃い味付けでしっかりと火が通っているものがお勧めです。
味付けも酢やショウガ、ワサビ、カレー粉、ハーブなどで味をつけるようにすると効果的です。

お弁当ができたら

315

最後の仕上げに保冷材や抗菌シートを引いておくようにしましょう。
保冷材は小さなものならお弁当の上下を挟むように2つ使うと安心です。

The following two tabs change content below.

家事花子

主婦歴10年、日々の家事をどう効率よく手抜きするか試行錯誤しています。節約大好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る