レンジで5分!簡単ゆで卵の作り方

40a578de1a1fc456d77345c596c5fcf5

一人暮らし向けの物件はキッチンが狭いことが多いですよね。
キッチンが狭いうえに一口コンロしかない場合は、電子レンジの出番です。
今回は、レンジでできる簡単なゆで卵のレシピをご紹介します。
ゆで卵っておいしいけど、調理がめんどくさい……。
そんな方は、ぜひこのレシピを試してみてください。
一般的なゆで卵を茹でる時間が12分程度であるのに対して、
こちらのレシピではわずか5分程度でゆで卵が完成します。

レンジでできる簡単ゆで卵のレシピ

【材料】Mサイズの卵一個の場合
・アルミホイル
・ラップ
・レンジ対応の耐熱容器
・卵が浸かるだけの水
【作り方】
①殻のままの生卵をアルミホイルで隙間なく包みます。
このとき殻が見えないように、ピッタリとまんべんなく包んでください。

②水を入れた耐熱容器の中に、アルミホイルに包まれた卵を入れます。
耐熱容器は卵の形に合った細身のコップのようなものを使うと、成功しやすいです。
そして、耐熱容器にふんわりと蓋をします。

③卵をレンジで加熱します。
加熱時間の目安は、Mサイズの卵の場合500Wで約5分間。
ワット数が上がる場合は、おおよそ100Wごとに50秒ほど短くしてみてください。

④加熱し終わったらアルミホイルをはがして水にとり、殻をむきます。
このとき卵が大変熱くなっているので、火傷しないように注意してください。
出来上がったゆで卵は、黄身のパサつきが少なくしっとりした仕上がりになります。

鍋を用意してお湯を沸かす手間と、茹で上がりを待つ時間が大幅に短縮されるレンジゆで卵。
ゆで卵の調理時間を短縮したい場合や、食卓にあと一品足したい時にぜひ試してみてください。

The following two tabs change content below.

なるヒート

おいしい料理とお酒を愛してやまないアラサー兼業主婦。居酒屋はしごが趣味。自宅でエアロバイクを必死に漕いでダイエット中。しかし毎週末の暴飲暴食で体重は増えるいっぽう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る