女の子とデートで行きたい!と思う東京バル

shutterstock2_2353314-500x334

私、実はお酒がほとんど飲めない人間でございます。
なぜそんな奴がバルの紹介なんかするんだと思われるのは当然でしょう。
私がいくつかお気に入りのバルを見つけるようになったのには、子供用プールと同じくらい深い理由があるのです。

それは、女の子と仲良くするため、であります。
女の子と一緒に食事へ出掛けるとしても、居酒屋は2人で行くにはムードが、
反対にレストランとなるとハードルが高すぎるような気がします。
そこで、ピッタリなのがバルでした。比較的オシャレなお店が多いですし、女の子も入りやすい。
そこで今回は、女の子とも入りやすい明るくオシャレで食事もおいしい東京のバルをご紹介します。

 

池袋「肉バルカッチャン」


池袋の北側、アパートや雑居ビルが並ぶ一帯の中にあるバルです。
外からパッと見た感じはカフェで、確認しながら行かないと見落とす可能性アリ。

お店の中はカウンター席とテーブル席、奥にソファ席がありますが、おススメはカウンターの席です。
店内がコンパクトにまとまっているため、入り口付近やホールの真ん中ですと、女の子が落ち着けません。
キョロキョロせずにこちらに集中してもらいたいなら、カウンター席がおススメです。

料理は肉バルらしく肉のメニューが豊富。ですが脂っこい物ばかりでなく、
お肉の寿司やローストビーフなどが充実していて、女性にうれしいあっさりと食べやすい品もあります。

   

また、肉バルカッチャンでは手作りのチーズもこだわりの逸品。

もっちりした食感と濃厚なチーズの味がお酒に合います。ぜひご賞味あれ。
お店の場所は池袋駅からは結構距離があるので、タクシーの手配なども忘れずに。

住所:東京都豊島区池袋2−57−11
営業時間:17:00~翌2:00
電話番号:080-6560-1490

 

目黒「クオーレアズーロ」

こちらのバルはイタリア料理がメインです。
しかも料理のデザインが素晴らしく、一品の盛り付け方がオシャレ。(もちろん味も素晴らしい)

個人的には「スカモルツァチーズとじゃが芋のソテー フリッコ風」が好み。
香ばしい香りと軽い口当たりで、シンプルながらも奥深い味わいがたまりません。
ワインで乾杯して、最初のお品にどうぞ。
※料理のメニューは日によって変わります。

店内は細長い造りになっており、2人ならカウンター席か入り口のハイテーブル席の利用になります。
その場合は入り口のハイテーブル席がおススメです。
というのもカウンター席の数が多く、混むと話しにくくなってしまうから。

住所:目黒区上目黒2-42-12渋谷ビル1F
営業時間:18:00~25:00(ラストオーダー24:00) 毎週火曜定休
電話番号:03-5708-5101

 

銀座「ルフージュ」

高級感のある料理で大人の夜を演出するときには、こちらのバルがおススメ。
レストランで出てきてもおかしくないようなクオリティの料理が堪能できます。

ですが、ほかのバル同様に気軽に行けるお値段に設定されています。
コース料理を出してもらっても、安いコースなら1人2,000円。ワンランク上げても2,500円です。

 


店内はゆったり広めの造りになっており、どの席でものんびり2人の時間を過ごせます。

また、ルフージュは神楽坂にもあり、そちらには屋上テラスがあります。
昼間は明るく開放感ある店内になるので、日中のデートならそちらがおススメかもしれません。

住所:東京都中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル1階
営業時間:平日17:00~24:00(Lo 23:00) 土曜日17:00~23:00(L.o22:00) 日・祝 定休
電話番号:03-6252-4588

【あとは私の結果次第でしたが……】

以上、今回は3つのバルを紹介しました。
これで私の勝率が伴ってればもっと説得力があったんでしょうが……。そこはお察しください。
ですが、どこも入りやすいし雰囲気がいいのでおススメです。
また、女の子を連れ添って行かずとも1人でも入れる場所ですので、1度行ってみてください。

The following two tabs change content below.
吾郎バラン

吾郎バラン

仕事に疲れてきた社会人。 しかし仕事はせねばならず、どうやったらラクに楽しく生きていけるかを考え中。 ときに自分の経験を踏まえて、ビジネス系・日常の生活関連・雑学などの記事を書いていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る