味覚が開花する秋が旬の食材たち

275

旬の食材が豊富な季節といえばやっぱり秋が一番! 食欲の秋と呼ばれるこの季節、食べたいものがありすぎて困ってしまいますね。
いつも秋のおいしい料理が待ちきれない人に、あらためて旬の食材を使ったメニューをお届けします。

こんがり焦げ目の皮とたっぷりの脂が最高!”さんま”


「さんま」が登場すると、いよいよ秋が来たかと思いませんか? 「さんま」は秋を代表するグルメのひとつ。シーズン中は何度か「さんまの塩焼き」が食べたくなります。
その他にも、「さんまの炊き込みご飯」、「さんま寿司」やパスタ、トマト煮、パン粉焼きなど洋風のメニューにもピッタリ。秋の夜長はお酒を片手に「さんま」料理に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

秋の旬の食材の王様”まつたけ”


高級食材の王様といえば、秋が旬の「まつたけ」で決まりです。芳醇な香りと食感、味の奥深さは他のきのことは全くの別格です。
そのまま炭火でさっと焼いて食べるのはとても贅沢。旬の時期ならではの食べ方です。香りと旨味がダイレクトに感じられる「土瓶蒸し」や「炊き込みご飯」もぜひ食べたいメニューです。

やっぱり秋は旨味が違う!”新米”


お米は1年を通していつも食べるものですが、やはり秋に出てくる「新米」の味は格別です。甘みが多く、お米もふっくらモチモチで、おかずなしでもおかわりしたいおいしさ。
さつまいも、くり、きのこ、まつたけ、むかごなど秋が旬の食材とコラボする「炊き込みご飯」はまさに絶品です。

やっとこのシーズンがやってきた!秋といえば”牡蠣”


秋になると「牡蠣」が食べられる。これを心待ちにしている人も多い人気の食材。旬の秋には「牡蠣」のフルコースを食べたいものです。
ポン酢ともみじおろしが合う「生牡蠣」、「牡蠣フライ」、「牡蠣の土手鍋」などが定番。牡蠣専門店では、塩辛を作る要領で作られた濃厚な「牡蠣の塩辛」を提供してくれます。

秋から冬にかけてがベストシーズン”ふぐ”


「ふぐ」は冬に食べるイメージがありますが、秋の終わり、11月ごろから旨味ののった「ふぐ」が出回ってきます。お刺身や鍋やから揚げなど、どんな料理にもマッチする食材です。
繊細で淡白なのに旨味もたっぷりある不思議な魚です。お酒が好きな人にはたまらない「ヒレ酒」は体の中がポカポカになるので幸せな気分を味わえます。

海のルビー。プチプチと濃厚が同時に味わえる”いくら”


「いくら」の旬は9月から11月で、「秋鮭」の旬と同じ季節。なので、「鮭といくらの親子丼」として旬の味を贅沢に味わうこともできます。
プチプチの食感と濃厚な味わいで人気の高い「いくら」。やはり旬の時期は新鮮で味わいも濃く、食べればやみつきになります。
「大根おろしあえ」、「石狩鍋」やパスタに絡めてもおいしいので、ついつい食べ過ぎてしまいますね。

The following two tabs change content below.

えちゅーど

常に新しい情報を求めアンテナを張っている暇人。趣味は食べ歩きと他人のSNSチェック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る