【より暑く、涼しく】夏が旬の料理と食材

267

暑い夏、旬のおいしい料理は、スタミナが付くがっつりメニューや、食欲のない日でも食べられるさっぱりメニューまでさまざまです。
沖縄料理として全国的にも有名になった「ゴーヤ料理」。今ではどこでも食べられる定番のメニューとなっています。「ゴーヤ」はビタミンCを豊富に含んでいるので、旬の夏に食べると体を冷やす効果や疲労回復などが期待できます。
また、油と相性がいいので、「ゴーヤチャンプル」で食べるのが一番オススメです。

土用の丑の日にスタミナをつけよう!”うなぎ”


夏に食べたい旬のおいしい料理でダントツ人気なのが「うなぎ」です。蒲焼やひつまぶしはいつでも食べたい人気メニューですが、体力を奪われる夏の暑い日に食べると、パワーがみなぎってきます。
最近では、外食チェーン店でも土用の丑の日辺りにはリーズナブルにうな丼が食べられるお店も増えています。

ビールの最強のお供”枝豆”


夏といえば、うなるような暑い日にキンキンに冷えたビールが飲みたいもの。その横には最強のおつまみ「枝豆」が欲しいですよね。年中食べられる「枝豆」ですが、旬は夏です。
色鮮やかな緑色が食欲をそそります。醤油で煮たものや、ペペロンチーノ風など、さまざまな「枝豆」レシピもSNSで話題となっています。

夏と海、そして”スイカ”が絵になる季節


海でスイカ割り。アニメやドラマ、映画などで一度は観たことのある光景です。実際にスイカ割りで遊んだ人も多いのではないでしょうか。
夏休みといえば、田舎の実家でスイカを食べる。そんな風景が似合います。スイカは水分が多く体を冷やす効果もあるので、旬の夏に食べるのがベストな果物です。

夏祭りでも、バーベキューでも食べたい!”とうもろこし”


お祭りの屋台で目を引くのが、こんがりと焼かれた「とうもろこし」。茹でて塩でシンプルに食べるのもオススメです。
バーベキューでも定番で、香ばしい匂いが食欲をそそります。そしてビールも進む人気のおつまみです。スーパーに並ぶと夏のおとずれを感じさせてくれます。

京都の夏を呼んでくるのは”ハモ料理”


京都の観光地、鴨川にかかる川床。夕方になると涼しい風を浴びながら鴨川の横でゆったりと食事やお酒が楽しめる場所です。そこで夏を告げる旬の料理といえば、京都を代表するグルメ「ハモ」。
湯引きした「ハモ」に梅肉を添えてあっさりといただきます。日本酒があれば最高の夏到来です。料理するのが難しい魚なので、ぜひ料亭などでいただきたい一品です。

The following two tabs change content below.

えちゅーど

常に新しい情報を求めアンテナを張っている暇人。趣味は食べ歩きと他人のSNSチェック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る