海からの恵みがいっぱい、春が旬の食材

260

雪が解けてだんだん暖かくなってくると、やっと待ちに待った「春」がやってきます。植物が芽吹きおいしい旬の食べ物が登場する季節。
そんな「春」の季節で一番おいしい旬のお料理を特集しました。

色々な料理でフルコースを楽しむ”たけのこ”


春になると、朝採れたての「たけのこ」がスーパーに並びます。爽やかな香りとシャクシャクとした食感がたまらない「たけのこ」。
新鮮なものなら、そのままお刺身で食べるのが一番の贅沢。また、出汁がしみた「土佐煮」や「たけのこ」の味わいが広がる「炊き込みご飯」、食感が楽しめる「天ぷら」もオススメです。

春の高級食材”バフンウニ”


春が旬の「バフンウニ」は、産卵前で一番身が詰まっているこの時期にいただきたい一品。濃厚な味わいなので、少し塩をふって食べると凝縮した旨味が口いっぱいに広がります。
「バフンウニ」で有名な海道積丹郡積丹町では、旬の時期だけ営業している食堂を求めて連日行列ができるほどです。

富山の春の風物詩。旬に絶対食べたい”ほたるいか”


スーパーに「ほたるいか」が並ぶと春が来たな、と感じる人も多い、まさに旬の食材。パスタにアヒージョ、お刺身に酢味噌和えなど、和洋どんな料理にも合うので毎日食べても飽きることはありません。
富山が名産で全国から観光客が訪れるこの季節。ぜひ旬の春に現地で味わってみたいですね。

春は潮干狩りを楽しもう!”あさり””はまぐり”


「あさり」や「はまぐり」などの貝類は、春が旬で、潮干狩りでたくさん獲った経験がある人も多い食材です。
和洋中どんな料理に合わせてもおいしい「あさり」や「はまぐり」。理由はたっぷりと貝に詰まった出汁の旨味。シンプルにお吸い物やお味噌汁にすると深い味わいを感じることができます。

春はサッパリとした味わいの”初鰹”


「鰹」には、1年の中で2回旬があります。3月から5月にかけてが旬の「初鰹」と9月から10月、秋が旬の「戻り鰹」です。「初鰹」は脂が少なく身が締まっていてサッパリとした味わい。
「戻り鰹」は餌をたくさん食べて北から南に戻ってくるので、脂がたっぷりとのり、身もモチモチとしています。旬の時期にたたきやお刺身で食べたい一品です。

桜色の美しさが魅力的な”桜えび”


春といえばお花見シーズン。ピンクに染まった桜並木は誰もが魅了される美しさです。そんな桜と同じ淡いピンクのえびが、春に旬を迎える「桜えび」。
静岡県の漁港では春は一面ピンクのじゅうたんが広がります。定番は贅沢に「桜えび」をふんだんに使ったかき揚げ。地元の人は炒め物や雑炊に入れて楽しむそうです。

The following two tabs change content below.

えちゅーど

常に新しい情報を求めアンテナを張っている暇人。趣味は食べ歩きと他人のSNSチェック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る