【奥深さ満点】意外とこってり好きなのかも?北陸グルメ!

103

新鮮なお魚や最高級のお米、キレイな水と、美味しいものが誕生しない訳がない恵まれた土地、北陸地方。独自の文化の発展もあり、かなり個性的なご当地グルメが満載のエリアです。
カニや海鮮も美味しいですが、丼物や焼きそばなど庶民的なグルメもたっぷりご紹介します。

1年の中で2か月しか食べられない貴重な丼”香箱(こうばこ)ガニ丼”【福井県】


ズワイガニのメス「香箱ガニ」は1年のうち、11月から1月初めでしか漁が許されていない貴重なカニ。その時期の「香箱ガニ」はお腹の中にある外子(卵)と、甲羅の中にある内子(未熟成卵)の両方を持ち合わせています。
そんな貴重な卵と身を贅沢に丼にしたのが「香箱ガニ丼」。獲れる量が限られているので珍味として人気が高く、県外ではめったに食べることができません。
わざわざその時期に福井県を訪れないと食べられない「香箱ガニ丼」は、ねっとりとした卵と旨味の詰まったカニの身の贅沢なハーモニー。ぜひ味わってほしい価値あるご当地グルメです。

改めて醤油の奥深さに感動する”大野港の生醤油”【石川県】


石川県、金沢市にある漁港「大野港」には、古くから醤油づくりが盛んなエリア。醤油の他にも、麹、味噌、ポン酢などこだわりの調味料がつくられています。
醤油つくりをしている蔵を見学できたり、出来立ての生醤油が買えたりするお店もあり、観光客で賑わっています。石川県で食べられる料理の奥深さは、この貴重な調味料たちにも秘密がありそうです。
「大野港」には、そんな醤油の旨さと風味を活かした「醤油ラーメン」が食べられる食堂やお寿司屋さんがあり、近江町市場とはまた違う、穴場のご当地グルメエリアとなっています。

富山湾の宝石”白エビ”を色んな料理で食べられる!【富山県】


食材の宝庫富山県でぜひ食べておきたいご当地グルメと言えば、海の宝石「白エビ」です。旬は春から秋にかけて。淡いピンクの白エビは透き通ってキラキラしてまるで宝石のようです。
一番の醍醐味はお刺身で食べる事。濃厚でトロッとした味わいは忘れられません。その他、から揚げ、すまし汁、昆布しめなど色々な食べ方ができるのは地元ならでは。
また、贅沢に30匹以上の「白エビの刺身」がのった「白エビ丼」は、口いっぱいに「白エビ」の旨味が広がります。これは一生に一度は食べたいご当地グルメのひとつです。

B級グルメなんて呼ばせない!お箸が止まらない”タレかつ丼”【新潟県】


揚げたかつを卵でとじずに食べるかつ丼といえば、福井県のソースかつ丼や愛知県の味噌かつ丼などが有名ですね。実は新潟県にも、地元で愛される人気のかつ丼がありました。
それは「タレかつ丼」です。揚げたての薄めのとんかつに「甘辛醤油ダレ」を浸して丼にしたもの。炊き立ての新潟米にこのタレがなんとも絶妙に合い、食べ出したらお箸が止まりません。
新潟市内ではこの「タレかつ丼」が食べられるお店がたくさんあり、それぞれかつの枚数や秘伝のタレ、揚げない焼きかつなどお店ごとに個性が光っています。ぜひ色々な「タレかつ丼」を食べ比べてみてください。

ガツンと濃い味が忘れられない!真っ黒なスープの”富山ブラック”【富山県】


一度食べれば誰もがその真っ黒なスープのビジュアルと濃い塩味に驚き、そして記憶に残るのが富山県のご当地グルメ「富山ブラック」ラーメンです。
もともとは戦後、肉体労働者のために塩分の濃い目のラーメンをあえて作ったのが始まり。ごはんのおかずになるスープをと考えられたのがルーツとなっています。
ただ濃いだけでなく、食べすすめると口の中にダシの旨味がしっかりと広がって、どんどん食べれてしまうから不思議なラーメン。ぜひライスと一緒にガッツリ食べてください。

老若男女に愛されるソウルフード!焼きそばだけど”イタリアン”【新潟県】


新潟県のジャンクフードの代表はコレ、「イタリアン」です。新潟っ子なら知らない人はいないご当地グルメで、みんな子供の頃から食べている人気メニュー。
「イタリアン」とは、焼きそばをアレンジしたもので、ソース味の太麺焼きそばに、特製トマトソースと白生姜をトッピングした大胆な発想のグルメです。
今では、ホワイトソースやシーフード、カレーなど味のバリエーションも豊富になり、観光客にも大人気のご当地グルメとなっています。

The following two tabs change content below.

えちゅーど

常に新しい情報を求めアンテナを張っている暇人。趣味は食べ歩きと他人のSNSチェック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る