【ほんのり隠れ】関東でひっそり食べたいグルメ集

071

出張でも訪れることの多い関東エリア。実は地元で昔から愛されているグルメって、意外と知られていないものです。
最先端の東京で流行っているグルメも良いですが、今回は地元に密着している人気のグルメに注目しました。

食べ歩きにもおススメ。ヘルシーだけどボリュームのある”ゼリーフライ”【埼玉県】


埼玉県行田市の郷土料理「ゼリーフライ」。このご当地グルメは、おからで作った衣のついていないコロッケ風の揚げ物です。
名前の由来は、その形が「銭」に似ていたことから、「ゼニーフライ」がだんだん「ゼリーフライ」に変化していったそう。
素材の素朴な甘みは、万人受けする優しい味。ソースをたっぷりかけて食べるスタイルで、おやつにも夕食にもピッタリのご当地グルメです。

この新食感にきっと驚いて病みつきになるはず!”足利シュウマイ”【栃木県】


栃木県のご当地グルメ「足利シュウマイ」とは、なんとお肉が入っていないシュウマイなのです。シュウマイの中身は、ペースト状にしたタマネギと片栗粉。
タマネギの甘みとモチモチ感を味わえる人気のご当地グルメ。スーパーでも販売している、地元では定番のメニューとなっています。一般的にはソースを付けて食べますが、しょうゆやマヨネーズなど色々な味にもマッチしそう。
お酒のおつまみにも丁度良く、出張のサラリーマンの夜のお供にもおススメです。

辛い!でも旨い!何度も食べたくなる”勝浦タンタンメン”【千葉県】


辛い物が大好きな人ならぜひ食べてもらいたい千葉県のご当地グルメは「勝浦タンタンメン」です。これでもかと大量のラー油がたっぷりと入っていますが、辛いだけでなくコクや旨味がたっぷり詰まっています。
さらに、白ごまとタマネギが入っているのも「勝浦タンタンメン」の特徴。この旨味は一度食べると中毒になってしまうほど。
海の仕事に携わる人のために、体を温めてあげようと作られた「勝浦タンタンメン」。冬は体がぽかぽかに、夏はたっぷり汗がでてスタミナがつくラーメンです。

お茶やマグロだけじゃない!海の恵みで美味しい”熱海初島 ところてん”【静岡県】


グルメの宝庫、静岡県。マグロ、うなぎ、浜松餃子など有名なものが満載なので目立たないですが、実は美しい海水だからこそできる極上の「ところてん」が美味しいのです。
熱海の初島のお土産として隠れたヒット商品のところてん。初島では「ところてん祭り」がおこなわれ、1万人もの人が集まる人気のイベントもあるんですよ。
様々な味付けで食べる出来たてのところてんは、今までの概念が変わる美味しさです。

下町の味と言えばこれ!トロトロの”牛煮込み”【東京】


世界中のグルメが食べられる大都市東京で、あえて紹介したいのが浅草界隈の大衆酒場の必須グルメ「牛煮込み」です。東京で飲み屋さんに入れば、常連さんはまず頼むこのメニュー。
牛のモツやスジなど、お店によって特徴はありますが、卵や豆腐と一緒にトロトロに煮込まれているのは共通です。人気の芸能人もお店に通っては「牛煮込み」をつまみに一杯飲むのが一番の幸せなのだとか。
ぜひ色々なお店の「牛煮込み」を食べ比べてみてはどうでしょうか。

日本三大うどんのひとつを味わおう!”水沢うどん”【群馬県】


群馬県渋川市伊香保町水沢のご当地グルメと言えば、さぬきうどん、稲庭うどんと並ぶ日本三大うどんのひとつ、「水沢うどん」です。
上州産の小麦と水沢山の名水で作られる絶品のうどんは、しっかりとコシの強い弾力が特徴。
水沢にはうどん店がひしめき合う「水沢うどん街道」があり、どこのお店でも美味しいうどんがいただけます。
釜揚げやざるうどんがおススメで、醤油だれや特製のゴマダレをたっぷりつけて味わってください。

The following two tabs change content below.

えちゅーど

常に新しい情報を求めアンテナを張っている暇人。趣味は食べ歩きと他人のSNSチェック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る